クエンティン・タランティーノ監督の新作映画に、ブラッド・ピットとレオナルド・ディカプリオの出演が決定した。

 『ヘイトフルエイト』や『ジャンゴ 繋がれざる者』で知られる人気監督クエンティン・タランティーノ(54)は、2019年夏に公開予定の新作映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(原題)』を制作中

 この作品は、1969年に起きたチャールズ・マンソンを中心としたカルト集団マンソン・ファミリーが、女優シャロン・テートを含む7人を無差別に殺害したという実際の事件を基にしたストーリーとなっている。

豪華俳優が主演を務めることに

 まだストーリーしか明かされていなかった今作だけれど、主演にブラッド・ピット(54)とレオナルド・ディカプリオ(43)が出演することが明らかになった。

画像: 豪華俳優が主演を務めることに

 この作品でレオナルドは、過去にドラマで成功をおさめた俳優リック・ダルトンを演じ、ブラッドはリックの長年のスタントマンであるクリス・ブースという役を演じるという。2人ともハリウッドでもう1度成功することを夢見るもなかなか希望が見えず。そんななか、リックにはシャロン・テートという有名な隣人がいた…、というストーリー。

 タランティーノが5年の年月をかけて練り上げたという今作は、多くの配給会社が権利を競い合った結果、米ソニー・ピクチャーズがなんと100億円で権利を獲得。

 タランティーノは、セクハラ問題で映画界から追放された大物プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタインと長年タッグを組んでいた。しかしその問題があってから、ワインスタイン・カンパニーとは関係を解消し、今作がハーヴェイの手を離れてからの初の作品となる。

 ブラッドとレオナルドという豪華すぎる共演には、ファンから期待の声が挙がっている。

This article is a sponsored article by
''.