約11ヵ月ぶりにツイッターに帰ってきたカニエ・ウェスト。早速ファンや妻のキム・カーダシアンを混乱させる爆弾発言を続けているカニエが、哲学書を出すことを明かした。

「哲学書を書いているんだ」

 先週からツイッターの更新を再び始めたカニエ・ウェストは、自身のブランドについて、新しく入れるタトゥーについて、人生論についてなどのツイートを40件以上更新し、頭に浮かんだ思いをツイートで表現。

画像: KANYE WEST on Twitter twitter.com

KANYE WEST on Twitter

twitter.com

 妻のキム・カーダシアンなどのセレブたちを混乱させるほど自由奔放なツイートを立て続けにするカニエに、SNS復帰早々大きな注目が集まっている。

 その一部はコチラ。

「創造する才能はいかなる代償を払っても守らなければならない」

「人生における行動はすべて恐れか愛に由来する」

「恐怖は人を翻弄させる」

「目覚めてすぐに携帯やネットをチェックしないで、1時間くらいは誰とも話すな。何もしないで自分のイマジネーションを楽しみなさい。どの映画よりもいい」

「自動車にはタイヤが4つあって、フーディにはフードが付いている。誰かがこれはオリジナルフーディだというと笑っちゃうよ。だってそれ、ただのフーディじゃん」

「真実は僕のゴール。議論は僕にとってジム。議論を100回繰り返して、6パックの真実を手に入れるんだ」

 独自の哲学を語り続けているカニエ。じつはこの一連のツイートが本を出版するためのものであることを明かした。

 出版社の指示を受けずに自由に執筆していく意向を示し、アイディアが思いついた時やなにかを表現したい時に、具現化していくという。


This article is a sponsored article by
''.