6月7日に千葉・幕張で行われた、ザ・チェインスモーカーズ初の大規模ジャパン・ツアーの初日の模様をたっぷりとお届け!最後の最後に日本のファンのために覚えた「日本語」も披露!?

ファンの熱量にザ・チェインスモーカーズの2人もびっくり

 世界中の音楽フェスに引っ張りだこの人気DJデュオ、ザ・チェインスモーカーズの待望のジャパン・ツアーがついに開幕。6月7日に千葉・幕張メッセで行われた初日公演では、平日にもかかわらず約2万人ものファンが集結し、超満員の会場からは終始大歓声と拍手が巻き起こっていた。

画像: アレックス・ポール(左)とボーカル担当のアンドリュー・“ドリュー”・タガート(中央)。 ©Masanori Naruse

アレックス・ポール(左)とボーカル担当のアンドリュー・“ドリュー”・タガート(中央)。
©Masanori Naruse

 今回の来日公演は、サポートメンバーのドラマーも参加してDJとバンドスタイルを合わせた内容に。ニューシングルやこれまでのヒット曲の合間に、DJパフォーマンスをはさむという彼らならではのステージに会場に集まったファンも大興奮。

 コールドプレイとのコラボで話題となった「サムシング・ジャスト・ライク・ディス(Something Just Like This)」をはじめとするヒット曲では、ファンがドリューのボーカルに合わせて大合唱するという感動的な場面もあり、これにはドリューとアレックスも圧倒された様子だった。

画像1: ©Masanori Naruse

©Masanori Naruse

 また、シンガーのホールジーとコラボした大ヒット曲「クローサー(Closer)」の歌いだしで、ドリューがMCからの流れでアカペラを披露する貴重なシーンや、ステージ前に設けられた花道をドリューが全力でダッシュし、ファンと連続ハイタッチで触れ合う嬉しいサプライズも

 ちなみに、会場に集まった女性陣たちの視線はドリューに釘づけだったようで、彼がMCで何か発言したり、パフォーマンス中に笑顔を見せるだけで、黄色い歓声が上がっていた。

画像2: ©Masanori Naruse

©Masanori Naruse

 さらに、ライブ終盤、スクリーンに「ありがとう、東京(Thank You, Tokyo)」の文字が浮かび上がると同時に、ドリューが「君たち最高!最高!!ありがとう」と日本語でファンに感謝。興奮冷めやらぬまま、初日公演は幕を閉じた。

忙しい合間をぬって観光も

 過密スケジュールのなかでも観光を楽しむ時間もあったようで、ザ・チェインスモーカーズの公式インスタグラムでは、スタッフらしき人たちと一緒にカラオケで盛り上がったり、日本食を食べたり、日本での時間を満喫する2人の姿が。

画像1: The ChainsmokersさんはInstagramを利用しています:「Made in Japan  @lamyock」 instagram.com

Made in Japan @lamyock

A post shared by The Chainsmokers (@thechainsmokers) on

The ChainsmokersさんはInstagramを利用しています:「Made in Japan @lamyock」

instagram.com
画像: ©The Chainsmokers/Instagram

©The Chainsmokers/Instagram

 そんなザ・チェインスモーカーズの2人は、本日6月8日に大阪で来日公演の2日目を迎える。(フロントロウ編集部)


『シック・ボーイ - EP|Sick Boy - EP』

画像: 忙しい合間をぬって観光も

試聴・購入はコチラから。

This article is a sponsored article by
''.