怪しげな寄宿学校で起こる惨劇を描いたホラー映画『ボーディング・スクール(原題)』の予告編が公開された。

 ボアズ・イェーキンが監督脚本を務めた新作ホラー映画『ボーディング・スクール(原題)』では、日本ではあまり馴染みのない寄宿学校が舞台となり、やってきた少年少女を恐怖に陥れていく。

 12歳の少年が送られた寄宿学校は、夫婦であり教師でもある男女2人が高圧的な態度で生徒を教育しており、生徒全員が悪夢にうなされているという奇妙な状況が起こっていた。

 また主人公の少年は亡くなった彼の祖母にとりつかれてしまい、次第に怪奇な行動がエスカレート。

画像: BOARDING SCHOOL Official Trailer (2018) Horror Movie youtu.be

BOARDING SCHOOL Official Trailer (2018) Horror Movie

youtu.be

 予告編では炎に包まれた部屋や血だらけになった女性教師のシーンが含まれている。果たして少年少女の運命はどうなってしまうのか。

日本での公開は未定だが、全米では11月6日公開を予定している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.