全国無料のBSテレビ局・Dlifeで放送されている『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』シーズン9にリード役で出演する俳優マシュー・グレイ・ギュブラーが、エミリー役のパジェット・ブリュースターがドラマに復活した裏で取っていた行動とは? フロントロウ編集部に明かしてくれた。

 13年間続く大人気ドラマ『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』は、シーズン11でデレク・モーガン役のシェマー・ムーアとアーロン・ホッチナー役のトーマス・ギブソンという重要キャラクターの2人が降板するというニュースが流れ、ファンに衝撃が走った。

 ファン離れが心配されるなか、シーズン7でドラマを離れたエミリー・プレンティス役のパジェット・ブリュースターがシーズン12から復活している。

Criminal Mindsさん(@crimmindscbs)がシェアした投稿 -

復活の裏では…?

 じつはパジェットはもともとシーズン13でゲストとして出演することが決まっていたものの、そのままレギュラーとして出演することに。その裏では、長年の共演者であるリード役のマシュー・グレイ・ギュブラーのある行動が大きくかかわっていた。

 マシューは先日ドラマPRのため来日し、フロントロウ編集部にあることを明かしてくれた。なんとマシューは、トーマスがドラマを降板した時、パジェットがユニットチーフとして戻って来られるように制作陣に頑張って説得を続けたという。

彼女は素晴らしいし、ユニットチーフ役にふさわしいと思ったから。その時彼女はすでにドラマを去っていたけど、僕は戻ってきて欲しかったんだ

 じつはマシューとパジェットは私生活でもとても仲良し。パジェットが2014年に音楽家のスティーブ・ダムストラと結婚した時、その結婚式でマシューが司会を務めたほど。

画像: 復活の裏では…?

 友人でもあるパジェットとまた働きたいと思ったマシューが、頑張って制作陣に交渉したかいもあり、見事パジェットはレギュラーとして復活することに。パジェットがドラマに戻ってきた裏には、マシューの努力が隠されていた。

 そんなマシューが出演するドラマ『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』シーズン1が、
全国無料のBSテレビ局・Dlifeにて8月20日(月)からスタート、二か国語版で毎週月曜~水曜22:00~無料放送。

画像: © 2004 Touchstone Television. All rights reserved.

© 2004 Touchstone Television. All rights reserved.

 さらに、同じく全国無料のBSテレビ局・Dlifeでは、現在『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』シーズン9の二ヵ国語版を毎週日曜21:00~、字幕版を毎週土曜24:00~好評放送中。そして、8月12日(日)の21:00からは、シーズン9の第10話とシーズン1の第1話を2話連続放送。

 また、WOWOWでは9月4日(火)より『クリミナル・マインド13 FBI行動分析課』が放送スタート予定。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.