ある雑誌の撮影で「乳首が透けてる問題」に直面した、ドラマ『リバーデイル』の女優カミラ・メンデスが見せた予想の斜め上をいくリアクションとは?

「乳首が透けてる問題」にぶっ飛び対応

 いよいよ8月にシーズン1のDVDが日本で発売される、話題の青春ミステリードラマ『リバーデイル』でヴェロニカ役を演じるカミラ・メンデス(24)が、米Nylonの撮影に臨んだ際に“乳首が透けてしまう”というトラブルに見舞われるも、予想外の反応を見せていたことがわかった。

Nylon Magazineさん(@nylonmag)がシェアした投稿 -

 同誌によると、撮影で着用したシースルーのトップスからカミラの乳首が透けてしまっていたことに、その場にいたスタッフたちがあたふたするなか、カミラから返ってきたのは、「みんなもうこの話はおしまいよ!撮影に戻りましょう。この問題について議論する必要もないわ。私はまったく気にしないし、撮影で乳首を見せることにも抵抗はないわ」という意外な言葉だった。

画像: ©Nylon

©Nylon

 こういった雑誌の撮影でどこまで自分をさらけ出すのかは、その当事者がどう感じるのかで大きく変わる。ただし、世間からもし“強要”したと思われたらセクハラ行為と見なされかねないこともあり、スタッフは敏感になっていたようだが、当のカミラは自分の胸を見せることに1ミリの抵抗もないようで…。

 「正直言って、誰にでも胸を見せられるわ。まったく気にしない。『これが私のオッパイよ。何か問題でも?』って感じよ。(胸を見せることの)何が問題なのか全然わからないわ」

 「誰にでも胸を見せられる」という、むしろ聞いていて清々しくなるようなぶっ飛んだコメントで、今回自身の身に起きた「乳首が透けてる問題」に終止符を打った。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.