米サンディエゴで開催されていた「コミコン・インターナショナル」に参戦した、映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のピエロ役でおなじみの俳優ビル・スカルスガルドが爽やかすぎてファンがザワつく事態に!?

夏が似合う“爽やかイケメン”に

 昨年、全世界で大ヒットを記録した“最恐”ホラー映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(以下『IT/イット』)で、殺人ピエロことペニーワイズを演じて大きな話題となった俳優のビル・スカルスガルド(27)。

画像1: 夏が似合う“爽やかイケメン”に

 そんなビルが、主演を務めるHulu配信の新ドラマシリーズ『キャッスル・ロック(Castle Rock)』のプロモーションのため、米サンディエゴで開催されていた世界最大級のポップカルチャーの祭典「コミコン・インターナショナル」のパネルディスカッションに出席したのだが、その際の風貌があまりにも「爽やかすぎる」とファンのあいだで話題になっている。

画像2: 夏が似合う“爽やかイケメン”に

 少し日に焼けたせいか、以前のミステリアスな雰囲気から一転、夏が似合う爽やかイケメンに変身。まるで『IT/イット』でペニーワイズを演じていたことがウソのような風貌に。

画像3: 夏が似合う“爽やかイケメン”に
画像4: 夏が似合う“爽やかイケメン”に

 端正な顔立ちとは裏腹にほどよく筋肉のついたたくましい腕と、時折見せる笑顔にキュンキュンする人が続出している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.