©2017 Fox and its related entitles. All rights reserved. 、©20TH CENTURY FOX TV / Album/ニュースコム、©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.、スプラッシュ/アフロ
『glee/グリー』『アメリカン・ホラー・ストーリー』…。ライアン・マーフィーの作るドラマはなぜ大ヒットするのか?新作ドラマ『9-1-1:LA救命最前線』も視聴数No.1を獲得する空前のヒットとなっているライアンの作品に共通する、ヒットドラマの法的式をひも解く。

ライアン・マーフィー、新作ドラマも視聴率1位

 ライアン・マーフィー(52)が現代でもカルト的な人気を誇る学園ドラマ『ポピュラー』でプロデューサーデビューしてから、2019年で20周年を迎える。

画像: ライアンは、『glee/グリー』、『ノーマル・ハート』、『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』で、テレビ界の最高峰エミー賞作品賞を4度も受賞している。

ライアンは、『glee/グリー』、『ノーマル・ハート』、『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』で、テレビ界の最高峰エミー賞作品賞を4度も受賞している。

 この約20年で、整形をテーマにして議論を呼んだ『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』、世界中で合唱ブームを巻き起こした『glee/グリー』、レディー・ガガが主演したスタイリッシュホラー『アメリカン・ホラー・ストーリー』、若手の人気俳優が大集結した『スクリーム・クイーンズ』、エミー賞を総なめにした実録ドラマ『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』など、大ヒットドラマを量産してきた。

 今や「ライアン・マーフィー」という名前は“ブランド”と化し、ライアン自身は、バラク・オバマ氏のために資金集めパーティーを主催し、息子のゴッドマザーにグウィネス・パルトロウを指名できるほどの大物となった。

画像: 女優のグウィネス・パルトロウはライアンの大ファンで、ライアンが夫との間にもうけた息子2人のうち、次男フォード君のゴッドマザー(※キリスト教における第二の母のような存在)になっている。

女優のグウィネス・パルトロウはライアンの大ファンで、ライアンが夫との間にもうけた息子2人のうち、次男フォード君のゴッドマザー(※キリスト教における第二の母のような存在)になっている。

 そして、2018年に新たに贈るドラマ『9-1-1:LA救命最前線』も、早くも全米で旋風を起こしている。

 今回ライアンが挑むテーマは、レスキューを軸とした「ヒューマンドラマ」。ブラックジョークたっぷりだったり、おしゃれかつダークな世界観で魅せたり、個性的な作品づくりをしてきたライアンには意外なテーマだけれど、この作品が米FOXですごい記録を作っている。

 救命オペレーター・救命士・消防士・警察官によるレスキューストーリーを描く『9-1-1:LA救命最前線』は、18~49歳の層で水曜1位の視聴数獲得(※)。米FOXにとっては、『Empire 成功の代償』以来の大ヒットとなっている。ドラマに対する支持はウェブでも見られ、今シーズンに放送開始した新作ドラマとしてはYouTubeとソーシャルメディアでNo.1の盛り上がり見せた※リアルタイム視聴+録画視聴7日分のLive+7の数値。

画像: 9-1-1:LA救命最前線』FOXチャンネルにて毎週火曜日22時~放送中 ©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

9-1-1:LA救命最前線』FOXチャンネルにて毎週火曜日22時~放送中 ©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

■『9-1-1:LA救命最前線』
FOXチャンネルにて毎週火曜日22時から放送中
※7月29日(日)13時より第1話~5話を一挙放送
あらすじ:救命現場の最前線で奮闘する消防士・警察官の姿を、一話完結の数奇な事件の数々で描く。家に帰れば一人の人間である救命チームの仕事への挫折、恋愛や家庭事情などにもフォーカス。怒り、悲しみ、うれしさ、感動の涙、全ての感情がここにある。

ライアン・マーフィー「ヒットドラマの方程式」

 コメディ、ホラー、ヒューマンドラマ、何をやらせても大ヒットに導くライアン・マーフィーのマジックの種は何なのか?ライアンの作品に共通するポイントをチェック!

じつは強い弱者キャラ

 知性には自信がないイケメンや、口達者な黒人女性など、ライアンの作品に登場する定番キャラの中でもキーパーソンとなることが多いのが、「負け犬」とされるキャラクターたち。

画像: 『glee/グリー』のレイチェル役(左)と『9-1-1:LA救命最前線』のアビー役(右)は学校や社会の負け組として描かれながらも、物語を大きく動かす役を担う。©20TH CENTURY FOX TV / Album/ニュースコム、©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

『glee/グリー』のレイチェル役(左)と『9-1-1:LA救命最前線』のアビー役(右)は学校や社会の負け組として描かれながらも、物語を大きく動かす役を担う。©20TH CENTURY FOX TV / Album/ニュースコム、©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

 『glee/グリー』では才能あふれる歌姫レイチェル・ベリーが、学校内での評価の低さに苦しみながらも合唱クラブの成長に貢献する。『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』ではエリート検察官マーシャ・クラークが周囲からの誹謗中傷に耐えながら有罪判決を目指し、『9-1-1:LA救命最前線』では花形プレーヤーではない救急オペレーターのアビーの機転で、事件が大きく動くシーンが多々ある。

こういった「周囲に認められにくい弱者キャラ」は視聴者の感情移入を誘いやすく、ライアンの作品では、物語に大きく影響を与える存在として登場する。


ドラマ誕生の秘話がいつも面白い

 ライアンに「ドラマのテーマを思いついたきっかけは?」という問いを聞くと、必ず興味深いエピソードが返ってくる。

 例えば、大物女優同士のバトルを描いてエミー賞2冠に輝いた『フュード/確執 ベティ vs ジョーン』。主人公ベティ・デイヴィスの大ファンだったライアンには、幼い頃にベティとファンレターのやり取りをしていたという過去が。大人になり記者をしていた当時、ベティとの20分の取材が4時間ものロングインタビューに発展してベティの魅力を再確認し、彼女を題材にしたドラマを作る炎がライアンの中で灯り、プロデューサーとして成功した後にこのドラマが作られた。[

画像: 実在の大女優の不仲を描いた『フュード/確執 ベティ vs ジョーン』の試写会でトークするライアン(左)。

実在の大女優の不仲を描いた『フュード/確執 ベティ vs ジョーン』の試写会でトークするライアン(左)。

 話題の新作であるレスキュードラマ『9-1-1:LA救命最前線』にいたっては、実際のレスキュー体験が元ネタになっている。「息子のフォードが11ヵ月だった時、真夜中に呼吸が止まってしまったんだ。911番に連絡して、パニックになりながら人工呼吸をしているうちに救急隊が到着して、朝の2時なのに4人が対応してくれた。彼らは非常に冷静で、子供の扱いがうまく、息子を生き返らせてくれたんだ」と、TCAのプレスツアーで語ったライアン。人生最悪の日を経験している人々に毎日対応している救急隊の印象が強く記憶に残り、彼らの物語を伝えたいと感じるようになったという。

画像: エピソードごとに起こる奇怪なストーリーも『9-1-1:LA救命最前線』の見どころ。こちらは、ペットのヘビに窒息させられそうになった女性。人間が及ばないパワーを持つヘビ相手に、隊員たちの判断は? ©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

エピソードごとに起こる奇怪なストーリーも『9-1-1:LA救命最前線』の見どころ。こちらは、ペットのヘビに窒息させられそうになった女性。人間が及ばないパワーを持つヘビ相手に、隊員たちの判断は? ©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.


バックストーリーに多様性

 ハリウッドに多様性をもたらすために、関わっている作品の50%で女性、有色人種、LGBT+を起用することを宣言するHALF(ハーフ)という活動を2016年に立ち上げたライアン。しかしライアンの多様性への貢献は、今に始まったことではない。

画像: 車いすのアーティや同性愛者のカートなど、『glee/グリー』には多様なキャラが登場した。©20TH CENTURY FOX TV / Album/ニュースコム

車いすのアーティや同性愛者のカートなど、『glee/グリー』には多様なキャラが登場した。©20TH CENTURY FOX TV / Album/ニュースコム

 ライアンの作品の魅力は、LGBT+、身体障がい者、有色人種など多様なキャラクターが登場するだけでなく、それぞれのキャラクターの悩みや過去が丁寧に描かれること。

 新作ドラマ『9-1-1:LA救命最前線』でも、夫に同性愛者だと打ち明けられた警察官、認知症の母親との生活に不安を抱える救命オペレーター、依存症で家庭を崩壊してしまった救命隊長、妻と別の女性の間で揺れる女性救命士、自称セックス中毒の新人消防士など、世界のどこかで誰かが抱えている悩みを細かく描き、ヒーローと称される彼らの人間らしい部分にスポットライトを当てる。

画像: 新作ドラマ『9-1-1:LA救命最前線』でも、多様性のあるストーリーが視聴者の支持を得ている。©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

新作ドラマ『9-1-1:LA救命最前線』でも、多様性のあるストーリーが視聴者の支持を得ている。©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.


結束することの美しさ

 『glee/グリー』では学校のイジメられっ子や不良たちが合唱大会での優勝を一緒に目指し、『NIP/TUCKマイアミ整形外科医』では正反対な性格のショーンとクリスチャンが強い絆を見せた。

画像: 『NIP/TUCKマイアミ整形外科医』のショーンとクリスチャンは正反対の性格を越えた結束を見せた。©WARNER BROS TV / Album/ニュースコム

『NIP/TUCKマイアミ整形外科医』のショーンとクリスチャンは正反対の性格を越えた結束を見せた。©WARNER BROS TV / Album/ニュースコム

 さらに、同性カップルと子連れの代理母が家族のように暮らす『ザ・ニュー・ノーマル(原題)』や、様々な役割をになう男女が人命救助のために結束する『9-1-1:LA救命最前線』など、ライアンの作品には「出身も経歴もまったく違う人々がひとつのことのために結束する」というテーマが強く表れている。

 世界には多様な人々がいて、それぞれが違うけれど、同じ人間として繋がれる。そんなメッセージが、ライアンの作品に共通している。


何度も登場する役者陣

 ライアンと言えば、同じ役者を別作品に何度も起用することで有名。

 作品での最多起用数を誇るのは、2004年の『NIP/TUCK マイアミ整形外科医』でのチョイ役から、2016年の『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』でキャリア初のエミー賞を受賞するまで成長したサラ・ポールソン。他にも『アメリカン・ホラー・ストーリー』『フュード/確執 ベティ vs ジョーン』など計4本のライアン作品に出演しており、2019年以降にも他2作への出演が決まっている。

画像: ライアン作品への出演回数最多のサラ・ポールソン(左)と、新作『9-1-1:LA救命最前線』で再びライアン作品に出演するコニー・ブリットン(右)。

ライアン作品への出演回数最多のサラ・ポールソン(左)と、新作『9-1-1:LA救命最前線』で再びライアン作品に出演するコニー・ブリットン(右)。

ライアン・マーフィー作品に常連の役者
■コニー・ブリットン(アメリカン・ホラー・ストーリー、アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件、9-1-1:LA救命最前線)
■リア・ミシェル、ジョン・ステイモス(glee/グリー、スクリーム・クイーンズ)
■エマ・ロバーツ(アメリカン・ホラー・ストーリー、スクリーム・クイーンズ)
■ダレン・クリス(glee/グリー、アメリカン・ホラー・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺)
■ジェーン・リンチ(ポピュラー、glee/グリー)
■マット・ボマー、ジェイコブ・アーティスト、ニール・パトリック・スミス、シャイアン・ジャクソン(glee/グリー、アメリカン・ホラー・ストーリー)
■キャシー・ベイツ、ジェシカ・ラング(フュード/確執 ベティ vs ジョーン、アメリカン・ホラー・ストーリー)
■リリー・レーブ(NIP/TUCK マイアミ整形外科医、アメリカン・ホラー・ストーリー)
■キューバ・グッディング・ジュニア(アメリカン・ホラー・ストーリー/O・J・シンプソン事件、アメリカン・ホラー・ストーリー)他


視覚的な美しさ

 ファッションや装飾も話題になった『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』や、学生らしい明るいポップさがあった『glee/グリー』など、ライアン作品はとにかくスタイリッシュ。

 ライアンのこだわりはカメラワークや衣装、舞台セットだけではなく役者の演出にまで細かく及んでおり、『スクリーム・クイーンズ』では、人気者シャネルと取り巻きの奇妙な服従関係を表わすために、女優たちに特定のフォーメーションで歩くことを指示したという。

画像: 『スクリーム・クイーンズ』には、ライアン作品の大ファンであるアリアナ・グランデが取り巻きの一人として出演。©TWENTIETH CENTURY FOX TELEVISION/RYAN MURPHY PRODUCTIONS/SEC / Album/ニュースコム

『スクリーム・クイーンズ』には、ライアン作品の大ファンであるアリアナ・グランデが取り巻きの一人として出演。©TWENTIETH CENTURY FOX TELEVISION/RYAN MURPHY PRODUCTIONS/SEC / Album/ニュースコム


アンソロジー方式

 近年のライアン作品で多く採用されているのが、アンソロジーという、シーズンごとに違うテーマをもうけて一つのシリーズにする方式。

 クリエイターがシーズンごとにフレッシュなアイディアを練り出しやすいほか、『アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル』でレディー・ガガを主演に起用できたように、長期契約できないビッグスターを1シーズンでだけ起用できるなど、利点がいっぱい。

 

画像: アンソロジー方式で成功した『アメリカン・ホラー・ストーリー』には、シーズン5にレディー・ガガが主演してゴールデン・グローブ賞主演女優賞を受賞した。©2015-2016 Fox and its related entities. All rights reserved

アンソロジー方式で成功した『アメリカン・ホラー・ストーリー』には、シーズン5にレディー・ガガが主演してゴールデン・グローブ賞主演女優賞を受賞した。©2015-2016 Fox and its related entities. All rights reserved

 ちなみに今話題の新作『9-1-1:LA救命最前線』は、エピソードごとに違う話を追う1話完結型。ライアンは「どの週から入ってもすぐにのめり込める」とその見やすさに満足しており、セクハラ告発の# MeToo運動にインスパイアされた一話完結型シリーズの制作を口にしており、これからは一話完結型が新しい「ライアン方式」になるかも予兆がある。


 共通したメッセージや手法を使いながら、ハリウッドになかったドラマをヒットさせ続けるライアン。彼が手掛ける最新ドラマ『9-1-1:LA救命最前線』は、日本ではFOXチャンネルにて毎週(火) 22時~放送中。7月29日(日)13時から第1~5話が一挙放送されるので、こちらを見れば、7月31日(火)の第6話の通常放送にキャッチアップできる。

<放送情報>
『9-1-1:LA救命最前線』
FOXチャンネルにて毎週火曜日22時~23時に放送中
『9-1-1:LA救命最前線』日本公式サイト
※7月29日(日)13時より第1話~5話を一挙放送
FOXイッキ見サンデー公式サイト

Photos: スプラッシュ/アフロ、ニュースコム




この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.