モデルのイスクラ・ローレンスが「乳首」に過剰に反応する世の中に対して放った、正論とも言える「ひと言」に共感の声が殺到している。

「乳首問題」に正論で立ち向かう

 ぽっちゃりモデルとして活躍するイスクラ・ローレンスが、着ていたTシャツから乳首のカタチがわかる写真を自身のインスタグラムで公開し、その投稿のコメント欄で「乳首問題」に関する自身の考えについて語った。

 「みんな乳首があるんだから大騒ぎするのはやめましょう。#乳首を性的なものとして扱うのをやめよう #私の体、私の選択」 

 「乳首=卑猥なもの」という風潮の世の中に対し、“男性や女性といった性別に関係なく、乳首はみんなについているもの”という納得の正論で、乳首についてあれこれ騒ぐのをやめようと訴えたイスクラ。

 海外ではいわゆるノーブラの女性も多く、“透けているわけではないが、カタチがわかる”程度ならさほど問題にならない場合もあるが、彼女が言っていたように乳首を性的なものとして見る人も少なくない。

画像: 「乳首問題」に正論で立ち向かう

 ちなみに、女性の乳首をめぐる問題については、これまでにもモデルのエミリー・ラタコウスキーケンダル・ジェンナー、女優のジェニファー・アニストンカミラ・メンデスらが「恥じるべきものではない」と異議を唱えている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.