ヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルとして知られるロミー・ストリドが、10代のころの写真を公開。

 ヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルとして活躍しているロミー・ストリド

 彼女はアムステルダムで母親と買い物をしている途中にスカウトされ、そのときは断るも翌年モデルとしてデビューした。そして彼女はランウェイ上にデビューした年に、ジル・サンダー、プラダ、バーバリー、そしてルイ・ヴィトンという名だたるブランドのランウェイをウォーキング。それからというもの、彼女のモデルとしての活躍は目覚しく、ついには多くのモデルたちが憧れるヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルの称号をゲットした。

画像1: ロミー・ストリド、14歳のときの姿がテイラー・スウィフトに激似

 そんなロミーが、自身のインスタグラムで14歳のときの写真を公開。その写真はロミーがモデル人生ではじめて撮影した写真で、思い出深い1枚。そんな写真がテイラー・スウィフトの若い頃にそっくりと、話題になっている。その写真がコチラ。

Romee Strijdさん(@romeestrijd)がシェアした投稿 -

 確かにロミーの14歳のときの姿は、まだウェービーヘアがトレードマークだった頃のテイラーにそっくり。

画像2: ロミー・ストリド、14歳のときの姿がテイラー・スウィフトに激似

 ちなみにこの投稿には、ヴィクシーエンジェルであるエルザ・ホスクや人気モデルのカーリー・クロスも可愛いと反応している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.