マクドナルドがついに「マック・ゴールドカード」の存在を明かし、一般人が手にすることを許した。

 これまでマクドナルドには、「マック・ゴールドカード」という、セレブたちしか持つことが許されない幻のカードの存在がウワサされていた。その存在を半信半疑に思っていた人たちもいたけれど、2015年に俳優のロブ・ロウが人気トーク番組『ジミー・キンメル・ライブ!』に出演した際に実際の「マック・ゴールドカード」を持参して大きな話題に。

McDonald'sさん(@mcdonalds)がシェアした投稿 -

 ロブが所有していた「マック・ゴールドカード」の有効期限は1年で、限られた場所でしか使えないものだったが、それは所有者によって条件がバラバラだという。

 そんな幻の「マック・ゴールドカード」を、今回一般人が手にすることが許されたチャンスが到来。その方法はいたって簡単。マクドナルド専用アプリ「モバイル・オーダー&ペイ」の利用時に、応募フォームから応募するだけ。今回一般人が持つことを許された「マック・ゴールドカード」の内容とは?

マクドナルドファンなら夢のような内容

 なんと、今回の「マック・ゴールドカード」は、50年間マクドナルドの商品が無料。そのうえ、名前入りの24金でできたスマホケース「モバイル・マック・ゴールドカード」も進呈されるそう。現在、金が1グラム4,700円ほどで取引されているので、スマホケースほどの大きさとなると、こちらも相当高価なもの。

画像: マクドナルドファンなら夢のような内容

 残念ながら今のところこのキャンペーンは、アメリカ在住の13歳以上の人しか参加できない。この「マック・ゴールドカード」は誰が手にするのか。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.