人気クッキー菓子の「オレオ(OREO)」に左利きの人専用のタイプが登場した。

 8月13日の『左利きの日』を記念して、オレオの製造販売元である米ナビスコ社が「左利きの人向けに改良されたオレオを発表した。

 このオレオが従来のオレオと違う点は、そのポピュラーな食べ方に深く関連している。

 オレオといえば、そのままガブリとかぶりついても美味しいけれど、サンド状になっているチョコレートクッキーを一旦はずし、クリームをつけて味わい、さらにミルクにディップするというのが人気の食べ方。

A post shared by OREO (@oreo) on

 この3ステップは日本向けのオレオの公式サイトでも正式な食べ方として紹介されているほか、海外でも歴史ある楽しみ方として古くから浸透している。

 最初のステップとしてクッキーをはずす際、ツイストしてオープンするのが一般的なのだが、じつはコレ、右回りに回すと開きやすくなっており、左利きの人々にとってはちょっと難しい動作。

 そんな日頃の小さな不満を解消し、左利きの人にハッピーな1日を送ってもらおうと、左回りにツイストしてクッキーをオープンすることができる「左利き専用オレオ」が誕生したというワケ。

 特設ウェブサイトを通じて数量限定で3ドル(約330円)で販売されたこの「左利き専用オレオ」はあまりの需要の高さに、発売から間もなく完売!

 現在ではホームページに「左利きのみなさん、またもや問題発生です! 左利き専用オレオが完売してしまいました…」というジョークが掲載されている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.