ラッパーのニッキー・ミナージュが、人気コメディ女優のティファニー・ハディッシュに苦言。そのワケとは?

ステージ上で「喝」

 現地時間8月20日に開催された音楽の祭典MTVビデオ・ミュージック・アワード(以下VMA)で「最優秀ヒップホップ・ビデオ賞」を受賞したニッキー・ミナージュが、受賞スピーチの際にプレゼンターを務めたティファニー・ハディッシュに対して“苦言”を呈す場面があった。

画像: ステージ上で「喝」

 その理由は、ティファニーがフリートークの際に、「この番組を家で見てるファンのみんな!ハーイ、フィフス・ハーモニー!!」と、今回グループでも個々でもノミネートされていなかった活動休止中のフィフス・ハーモニーのことを馬鹿にするような発言をしたため。

 じつは、ティファニーは問題の発言をする直前に、2016年にフィフス・ハーモニーを脱退したカミラ・カベロが複数の部門でノミネートされていたことに触れており、カミラとフィフス・ハーモニーのメンバーの対立をあおるかのようなジョークに会場からはどよめきが…。

 しかし、このひと言を快く思わなかったニッキーは、受賞スピーチの第一声で「ティファニー、フィフス・ハーモニーのことを悪く言うのはやめてちょうだい。ノーマニはイカした女よ!」とフィフス・ハーモニーとそのメンバーであるノーマニ・コーディのことを擁護。

 ただし、本気で怒っていたわけではなかったようで、この発言をした直後に「言いたかったのはそれだけ。あなたのこと愛してるわ」と、ティファニーにちゃんとフォローを入れることも忘れなかった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.