ここ最近、注目を集めている「最強のスーパーフード」を知っている?

 それは美肌の実として知られる「クコ」の一種で、その栄養価が赤クコをはるかに上回る「黒クコ」の最高品種「モンゴリアンベリー」。奇跡の実とも呼ばれる、その凄さとは?

美のマスターたちがこぞって取るスーパーフード「クコの実」

 クコの実と言えば、スーパーフードの先駆け的存在として、その美容効果を知っている人も多いはず。

 ここ数年のヘルシーブームをリードしてきた人気セレブたちが口をそろえ、クコの実を長年食べていることを明かし、「美肌の実」として話題になった。

モデルのミランダ・カー

画像1: 美のマスターたちがこぞって取るスーパーフード「クコの実」

 クコの実ブームのキッカケを作ったセレブの1人が、ミランダ・カー。毎朝のスムージーやおやつなどで、毎日たくさんのクコの実を取っていることを明かしている。

トップシンガーのマドンナ

画像2: 美のマスターたちがこぞって取るスーパーフード「クコの実」

 スーパーフードはもちろん、マクロビやローフードなどもいち早く取り入れてきたマドンナも、エイジングケアやダイエットのためにクコの実を取り入れているそう。

画像3: 美のマスターたちがこぞって取るスーパーフード「クコの実」

 ここまでクコの実が注目されたのは、小さな実とは思えないほど、豊富な栄養素がギュッと詰まっているから! レモンに匹敵すると言われるほど豊富なビタミンCをはじめとし、美肌に必要な栄養素がたっぷり含まれている。

美肌の実「クコ」のなかでも、はるかに栄養価が高い「黒クコ」

 クコの実が注目を集めるようになってから、新たに注目されたスーパーフードが黒い色をした「黒クコ」

画像: 美肌の実「クコ」のなかでも、はるかに栄養価が高い「黒クコ」

 人工栽培できる赤クコとは違い、厳しい自然環境でしか育たない黒クコは、赤クコをはるかに上回る栄養価! その豊富な栄養価から、エイジングケア効果やダイエット効果など、さまざまな効果が期待されるスーパーフード。

 なかでも抗酸化作用で知られるアントシアニンの含有量は、自然界でもっとも高い植物だと言われている。

映画『アイアンマン』のグウィネス・パルトロウ
マドンナと同じく長年のヘルス通であるグウィネスはクコの実がお気に入りで、「抗酸化作用たっぷり」と語るボウルのレシピを米selfに明かし、そこにもクコの実をトッピング。
サンプル

最高品質の黒クコ!モンゴル産黒クコ「モンゴリアンベリー」が凄すぎる

 一般的に流通している黒クコは、赤クコと同じく中国産が多いけれど、ここ最近新たに存在が明らかになった黒クコが、“スーパー”クコと呼ばれるモンゴル産の「モンゴリアンベリー」

画像1: 最高品質の黒クコ!モンゴル産黒クコ「モンゴリアンベリー」が凄すぎる

 「モンゴリアンベリー」は、モンゴルのアルタイ山脈という身の危険を感じるほど過酷な自然環境でしか収穫できない、まさに奇跡の実。そのパワーが、やっぱり凄い!

画像2: 最高品質の黒クコ!モンゴル産黒クコ「モンゴリアンベリー」が凄すぎる

エイジングケアの救世主!
アントシアニンの量が全植物の中でNo.1!

 エイジングケアには欠かせない、高い抗酸化作用をもつアントシアニン。モンゴリアンベリーのアントシアニン含有量は、中国産Aランクの黒クコと比べると、なんと約1.7倍! ほぼ倍の含有量を誇っている。モンゴリアンベリーは、まさに植物界最大のアントシアニンの女王。

画像3: 最高品質の黒クコ!モンゴル産黒クコ「モンゴリアンベリー」が凄すぎる

体内吸収率が95%!
注目の抗酸化成分OPCもたっぷり!

 高い抗酸化作用を持つポリフェノールの一種「OPC」って知っている? OPCは「オリゴメリック・プロアントシアニジン」の略で、その特徴は体内への吸収率。

画像4: 最高品質の黒クコ!モンゴル産黒クコ「モンゴリアンベリー」が凄すぎる

 OPCはほかの成分と比べても低分子で、なんと体内への吸収率が95%! 同じ抗酸化成分のカテキンの吸収率が5%だというから、その高さは一目瞭然で、高い抗酸化作用をほぼそのまま吸収できることになる

 ちなみに、このような効果のある物質は他にはまだ見つかっていないそう。

豊富すぎる栄養素!
スーパーフードの中のスーパーフード

画像5: 最高品質の黒クコ!モンゴル産黒クコ「モンゴリアンベリー」が凄すぎる

 植物界No.1のアントシアニンやOPCのほかにも、とにかく栄養成分が豊富。美肌に欠かせないビタミン類は13種類、アミノ酸は18種類、さらにミネラル、タンパク質、亜鉛、鉄、マグネシウム、カルシウムなど、肌はもちろん、体が必要とする栄養成分がぎっしり!

青いお茶「モンゴリアンベリーティー」で、飲むエイジングケア!

 とても高い栄養価を持つモンゴリアンベリーは、モンゴルの限られたエリアでしか採れないため、世界的に見ても限られた流通しか行われていない希少種

画像1: 青いお茶「モンゴリアンベリーティー」で、飲むエイジングケア!

 そんな貴重なモンゴリアンベリーを日本で唯一摂れるのが、日本でモンゴリアンベリーを独占販売する会社が開発した「有機モンゴリアンベリーティー」

画像2: 青いお茶「モンゴリアンベリーティー」で、飲むエイジングケア!

 最高品質の黒クコ「モンゴリアンベリー」が摂れる奇跡のエイジングケア茶とは、どんなものなのかご紹介!

これぞ目で見える抗酸化作用!真っ青なエイジングケア茶
 「有機モンゴリアンベリーティー」は、キレイな青や紫をした不思議なお茶。抗酸化成分のアントシアニンは紫の色素なので、それが濃いほど青みが濃くなる。この驚きの色こそが、高いエイジングケア効果の証!

画像3: 青いお茶「モンゴリアンベリーティー」で、飲むエイジングケア!

最高品質のモンゴルアルタイ山脈産を使用!
「有機モンゴリアンベリーティー」が使用しているのはもちろん、モンゴルアルタイ山脈のみで採れる最高品質の黒クコ「モンゴリアンベリー」。

画像: モンゴリアンベリーが摂れる、アルタイ山脈

モンゴリアンベリーが摂れる、アルタイ山脈

 非常に厳しい気候のなかで育った生命力と、モンゴル政府がその自然を守るために規制をかけている地域で採れるため、ズバ抜けて栄養価が高い。それだけに採れる量も限られており、とても少なく貴重。

画像4: 青いお茶「モンゴリアンベリーティー」で、飲むエイジングケア!

日本とドイツのWで認証を得た高品質オーガニック!
「有機モンゴリアンベリーティー」が使用するモンゴリアンベリーは、日本で幅広く知られている、有機農産物を認定する有機JAS認証を取得。

画像5: 青いお茶「モンゴリアンベリーティー」で、飲むエイジングケア!

 さらに、世界的にも非常に高く厳しい基準で知られているドイツの有機認証Dakksドイツ認定も取得。安心、安全、高品質が保証されているので安心して取り入れられる。

画像6: 青いお茶「モンゴリアンベリーティー」で、飲むエイジングケア!

お茶だから1杯あたり約150円で1日中楽しめる!
「有機モンゴリアンベリーティー」は、有機ルイボスとブレンドされているのでお茶として美味しく飲める。

画像7: 青いお茶「モンゴリアンベリーティー」で、飲むエイジングケア!

 1パックで2リットル分がたっぷりと抽出できるので、日々の水分補給をモンゴリアンベリーティーに変えれば、奇跡の実のパワーが一日中摂れる♡

細胞を老化させるフリーラジカルを取り除く!

 海外で評価されている黒クコの力で、もっとも話題になるのはフリーラジカル(活性酸素)を取り除く力。フリーラジカルは、環境やストレスなどあらゆる影響で体内に増幅し、それが増えすぎると細胞を傷つけて老化させ、体をサビさせることで知られている。

画像: 細胞を老化させるフリーラジカルを取り除く!

 モンゴリアンベリーに非常に多く含まれるポリフェノールの一種である「プロアントシアニジン」は、とても高い抗酸化作用があり、それがフリーラジカルを除去してくれるという。エイジングケアとして、日常的に取り入れたい。

美肌だけじゃない!海外ではダイエットでも人気♡

 ちなみに「クコ」と言えば美肌効果が有名だけれど、じつはダイエット先進国のアメリカではダイエット系フードとしても人気! 

画像: 美肌だけじゃない!海外ではダイエットでも人気♡

 フィットネス系のヘルシーフード会社の多くが「クコ」を扱い、ヤセやすい体質を作るためのダイエット食品として使われているので、美肌だけじゃなくダイエット効果も期待できる。

デザイナーのヴィクトリア・ベッカム
4児の母でありながら、つねにスリム体形をキープしているヴィクトリアは、産後ダイエットではおやつとしてクコを取り入れていたという。
サンプル

 今回はモンゴリアンベリーが持つエイジングケアの効果についてフォーカスしてお伝えしたけれど、ほかにも書ききれないほどのさまざまな効果を持つ、奇跡の実「モンゴリアンベリー」

 新たに登場したこのスーパーフードが気になる人は、公式サイトでチェックしてみて。

This article is a sponsored article by
''.