『スーサイド・スクワッド』などで知られる俳優のジャレッド・レトの意味深な私服の意味とは?

バックプリントにトップモデルの名前と金額が

 俳優のジャレッド・レトが最近愛用しているプルオーバーが、なんだか意味深。

画像1: バックプリントにトップモデルの名前と金額が

 独自のファッションセンスを持つジャレッドが最近愛用しているのは、ピンクのフーディ。

 ジャレッド自身が所属するバンド、サーティー・セカンズ・トゥ・マーズのオリジナルグッズであるこのフーディには、胸元にバンドのロゴ、そしてフードに「AMERICA(アメリカ)」という文字が記されている。

画像2: バックプリントにトップモデルの名前と金額が

 一見何の変哲もないフーディに見えるけれど、バッグプリントを見てみると…、なぜかトップモデルの名前と大金がズラリと描かれている。

画像3: バックプリントにトップモデルの名前と金額が

 その下に、「TIMEが発表した世界で最も給料が高いモデル」という文字の通り、これは、2017年の「世界で最も稼ぐモデル」トップ5位のモデルの名前と年収がプリントされている。

ケンダル・ジェンナー $22 MILLION(24.7億円)
ジゼル・ブンチェン  $17.5 MILLION(19.6億円)
クリッシー・テイゲン $13.5 MILLION(15.2億円)
アドリアナ・リマ   $10.5 MILLION(11.8億円)
ジジ・ハディッド   $9.5 MILLION(10.7億円)

 ジャレッドが着用したこのフーディは、「モデルの給料フーディ」という名前のもので、バンドのオリジナルグッズのThe AMERICA collectionというライン。

 このコレクションには、ジャレッドが来ていたモデルの給料フーディのように、グーグルやアップルといった「アメリカの企業」が並べられたものや、「アメリカ人の名前」としてカイリー、エルヴィス、カニエなどの名前がプリントされているものがある。

 コレクションに起用された名前が、どの基準で選ばれ、どんなメッセージが含まれているのかは、定かでなないけれど、ジャレッドは「モデルの給料フーディ」を愛用している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.