Chanel(シャネル)の2019春夏最新コレクションがパリで発表。建物内に波が打ち寄せるビーチが再現された会場で盛大に開催され、今回のコレクションも業界から大絶賛を得た。そのコレクションから、バッグやアクセにフォーカスした速報をお届け!(フロントロウ編集部)

2つのバッグをクロスさせてバッグフォルダーをON

 デザイナーがイチ押しするルックとされる重要な“ファーストルック”には、シャネルを象徴するチェーンバッグを2つでXにクロスさせた斬新なルックが登場。

画像1: 2つのバッグをクロスさせてバッグフォルダーをON

 中央にココマークがついた、バッグをクロスさせたフォルダーにも注目。

画像2: 2つのバッグをクロスさせてバッグフォルダーをON

  ここ数年ファッション業界では、ボディにチェーンやアクセサリーを巻きつけて飾る“ボディアクセサリー”が注目されており、今回のファッションウィークでも各ブランドからボディアクセサリーの提案が目立った。

画像3: 2つのバッグをクロスさせてバッグフォルダーをON

 Chanelはその一歩先を行く、バッグをアクセサリーのように身に着けるスタイリングを提案し、高い注目が集まった。

画像4: 2つのバッグをクロスさせてバッグフォルダーをON

“CHA”&“NEL”でロゴをポップに強調

 年々強まるロゴブームのなか、Chanelからはブランドのロゴを“CHA”&“NEL”の2つにセパレイトした大胆なデザインが多く登場。これまでのChanelの歴史において、このようなロゴデザインはなかったため、驚いた人も多かったはず。

画像1: “CHA”&“NEL”でロゴをポップに強調
画像2: “CHA”&“NEL”でロゴをポップに強調

 ネックレス、ベルト、ピアスなどのアクセサリーにセットされたビッグなロゴは、ココ マドモアゼル シャネルが愛したパールを使って、エレガントに装飾されている。

画像3: “CHA”&“NEL”でロゴをポップに強調

ほとんどのルックには、今季注目の“カフブレスレット”がON

 今季注目度No.1アクセサリーといわれる“カフブレスレット”。Chanelを象徴する伝統的なアクセサリーのひとつでもあるカフブレスレットは、今季さらに進化して登場。

画像1: ほとんどのルックには、今季注目の“カフブレスレット”がON

 心躍るキャンディカラーやチェーンになった装飾やロゴなど、様々なデザインのカフブレスレット。ほとんどのルックの両手に大胆にセットされ、スタイリングの重要なキーアイテムとして位置づけされていた。

画像2: ほとんどのルックには、今季注目の“カフブレスレット”がON
画像3: ほとんどのルックには、今季注目の“カフブレスレット”がON

ビッグパールのショルダーや、貝殻などファンタジーなバッグ

 シャネルのアイコン、チェーンショルダーのバッグには、パールがショルダーに加わってキュートさを増し、貝殻のバッグなどファンタジーなアイテムで女心をくすぐるバッグが揃った。

画像1: ビッグパールのショルダーや、貝殻などファンタジーなバッグ

 チェーンで飾られたビーチボール型のバッグ。バッグの中にスカーフを入れたスタイリングにも注目して。

画像2: ビッグパールのショルダーや、貝殻などファンタジーなバッグ
画像3: ビッグパールのショルダーや、貝殻などファンタジーなバッグ

 ここ数年人気が集中しているシャネルのバニティバッグは、今季はストローとエナメルがミックスされてお目見え。

画像4: ビッグパールのショルダーや、貝殻などファンタジーなバッグ

スタイルに合わせ、コンパクトなバッグの2個持ち

 オーバーサイズが旬なツイードのブラックジャケット+ピンクのワイドパンツのスタイリングに合わせ、同デザインのバッグを2個持ちしたスタイリングにフォーカス。

画像1: スタイルに合わせ、コンパクトなバッグの2個持ち
画像2: スタイルに合わせ、コンパクトなバッグの2個持ち

 シャネルの伝統的なエレガンスなルックや、モダンなスポーティーテイストのルックに、進化した洗練アクセサリーで飾られた今季のコレクションは、大絶賛のなか幕を閉じた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.