『トワイライト』シリーズでお馴染みのクリステン・スチュワートが、ハンブルグで手に銃を持ち疾走しているところを発見。実はこのシーンは、映画『チャーリーズ・エンジェル』の撮影だった。(フロントロウ編集部)

 これまで数々の話題作に出演してきた女優のクリステン・スチュワートは、現在映画『チャーリーズ・エンジェル』の撮影中。『チャーリーズ・エンジェル』といえば、1970年にテレビシリーズとして誕生し、2000年にキャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューの3人が主演を務めて映画化され大ヒットした作品。

画像1: 『チャーリーズ・エンジェル』の撮影現場でのクリステンがかっこよすぎる

 クリステンはその大ヒット映画のリブート版に、ナオミ・スコットとエラ・バリンズカと一緒に主人公として出演。その新生『チャーリーズ・エンジェル』の撮影がスタートしており、ハンブルグで撮影しているところをキャッチ。

 女探偵役とあって緊迫したシーンの撮影中なのか、この日は銃を取り出し、形相を変えてただならぬ雰囲気で全力疾走するシーンも。

画像2: 『チャーリーズ・エンジェル』の撮影現場でのクリステンがかっこよすぎる
画像3: 『チャーリーズ・エンジェル』の撮影現場でのクリステンがかっこよすぎる

 ところが、さっきまで銃を片手に街を疾走していたクリステンも、カットの声がかかるとこの笑顔。

画像4: 『チャーリーズ・エンジェル』の撮影現場でのクリステンがかっこよすぎる

 そしてスタッフたちと談笑する姿も見られた。

画像5: 『チャーリーズ・エンジェル』の撮影現場でのクリステンがかっこよすぎる

 『チャーリーズ・エンジェル』の撮影は、現在ドイツのハンブルグで行われており、クリステンのほかにも主役のナオミやエラをはじめ、ノア・センティネオなどもハンブルグで撮影する姿が目撃されている。

 『チャーリーズ・エンジェル』は、2019年9月27日にアメリカで公開されることが決まっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.