カリスマSNS王子として人気を博すキャメロン・ダラスが、フェンディ 銀座店で催されたイベント「フェンディマニアドロップ(THE FENDI MANIA DROP)」に登場した。(フロントロウ編集部)

 SNSで4,700万人以上のフォロワーを誇り、一般の学生からハイブランドの広告塔を務めるカリスマへと成長したキャメロン・ダラス。2ヵ月連続での来日で、チームラボ ボーダレスやGUを訪れたり、第35回ベストジーニスト2018発表会に登場するなど、話題を振りまいているキャメロンが、フェンディ 銀座店にご来店。

 カプセルコレクション「フェンディ マニア(FENDI MANIA)」の発売を祝して、東京を皮切りに、上海、香港、モスクワ、クウェート、ロンドン、パリ、ニューヨーク、ロサンゼルスの世界主要9都市にて同日開催されたイベント「フェンディマニアドロップ(THE FENDI MANIA DROP)」に参加したキャメロン。

画像: 山田優と記念撮影。

山田優と記念撮影。

 「フェンディ マニア」を象徴するブルー、イエロー、レッドといったアイコニックな色を基調に、アーティストのヘイ・レイリーがデザインを手がけてブランドが再解釈したFENDI/FILA ロゴがいたるところに散りばめられた店内を歩き回ったキャメロンは、渡辺直美、山田優、仲里依紗といった日本のセレブと交流。

 とくに、カラフルなFENDI/FILA ロゴで縁取られた巨大なスマートフォンを模したフォトブースでのツーショット撮影に盛り上がっていた。

画像: 渡辺直美とフォトブースで大盛り上がり。

渡辺直美とフォトブースで大盛り上がり。

画像: 仲里依紗とはスマートにパシャリ。

仲里依紗とはスマートにパシャリ。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.