公開前から話題を呼んでいる『クリード チャンプを継ぐ男』の続編である映画『クリード 炎の宿敵(原題:Creed 2)』の日本版の予告編が公開された。(フロントロウ編集部)

 全世界の興行収入が約190億円を記録し、大ヒットとなったシルベスター・スタローンを主役にした映画『ロッキー』の新章映画『クリード チャンプを継ぐ男』の公開から3年、俳優のマイケル・B・ジョーダンが主演を務める『クリード 炎の宿敵(原題:Creed 2)』が、日本で1月11日に公開される。そして日本版の予告編が公開された。

画像: 映画『クリード 炎の宿敵』本予告【HD】2019年1月11日(金)公開 www.youtube.com

映画『クリード 炎の宿敵』本予告【HD】2019年1月11日(金)公開

www.youtube.com

 予告編では『ロッキー4/炎の友情』のリング上でイワン・ドラゴから致命傷を受けたアポロ・クリードが、血を流して横たわる劇的シーンが映し出され、往年の名曲であるロッキーのテーマ曲「ゴナ・フライ・ナウ」が流れるという名シーンで幕を開ける。

画像: 『クリード2』、往年の名曲「ロッキーのテーマ」で幕を開ける予告編が公開

 そして時が流れ、イワンとアポロの息子たちの因縁の対決に。シルベスター・スタローン演じるロッキーは、アポロの息子アドニスにイワンの息子ヴィクターとの試合をやめるように言うが、アドニスは聞く耳を持たず、父の屈辱を晴らすために戦う姿が映し出されている。

 ファン待望の映画『クリード2』は全米では11月21日に公開され、日本では1月11日に公開される。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.