2017年に実業家のジャン・ルカ・パッシ・デ・プレポスーロと結婚した女優のジェシカ・チャステインが、密かに母親になっていたと報じられている。(フロントロウ編集部)

 映画『ゼロ・ダーク・サーティー』や『インターステラー』などで知られる女優のジェシカ・チャステイン(41)は、5年の交際を経て2017年に実業家のジャン・ルカ・パッシ・デ・プレポスーロと結婚。結婚して約1年がたつ夫妻にあるウワサが浮上した。

画像: ジェシカ・チャステイン、極秘でママになっていた

 それはジェシカが極秘で母親になっていたということ。ウワサの発端となったのは、現在ボストンで撮影中の新作映画『Eva』での収録中、ジェシカがセットの中でベビーカーを押している姿が目撃されたこと。さらにその3日後、ジェシカとアシスタントが滞在するホテルに、夫のジャンがベビーカーのシートを運んでいったことでウワサがさらに加速。

 さらにそのウワサを裏づけるように米メディアPage Sixは、11月中ごろに夫妻が子供をニューヨークの小児科に連れて行っている姿を激写。そして子供は代理母出産で誕生した女の子だと報じられている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.