冬になると気になるのが、唇の乾燥。主張するリップメイクがトレンドのなか、唇が荒れていてはメイクも台無し。冬も魅力的なリップをキープするためのリップケア法を、アメリカの皮膚科医が伝授!(フロントロウ編集部)

 唇は体の中でもっとも皮膚が薄いうえ、うるおいをもたらす皮脂の分泌も少ないパーツ。そんな唇を荒れから守るリップケアを、アメリカの皮膚専門医スーザン・テイラーが米メディアTodayでレクチャー。

ケアの前にNG行為も要注意

 スーザン医師によると、リップケアも大切だけれど、リップのダメージにつながるNG行為を見直すことも大切。そのNG行為はこの2つ。

唇をなめるのはNG

画像: 唇をなめるのはNG

 唇をうるおすために唇をなめているとしたら、それはNG行為。スーザン医師は「唇をなめるのは逆効果。かえって唇を乾燥させるの」とコメント。唾液に含まれる消化液や雑菌などが唇にダメージを与えるため、なめることは避けたほうがいいそう。

 また、乾燥した空気や冷たい空気の環境で唇をなめると、さらに唇の保湿成分を奪ってしまうそう。

肌に合わないコスメ

画像1: 肌に合わないコスメ

 肌に合わない口紅やリップバームで唇が荒れると知っている人は多いと思うけれど、じつは普段使用しているスキンケアアイテムや歯磨き粉、マウスウォッシュなども唇の荒れの原因になるという。

画像2: 肌に合わないコスメ

 とくにフレーバーがついているものやケイ皮酸が含まれる歯磨き粉、マウスウォッシュなどは荒れを引き起こしやすいそう。唇の荒れが治らないという人は、唇につくアイテムも見直してみて。

唇のうるおいをキープするには?

 NG行為を見直しつつ、唇にうるおいを与えるのが一番大切。スーザン医師がオススメするリップケアはコチラ。

寝る直前のリップクリームケアは必須

画像: 寝る直前のリップクリームケアは必須

 就寝中は水分もとらず、部屋の空気も乾燥した状態。ベッドに入る直前にリップクリームをしっかり塗ることで乾燥から守られるうえ、寝ている間に唇のダメージ修復ができるので、寝る直前のリップクリームは唇のエステだと思って取り入れて。

体の中からの保湿も大切

画像: 体の中からの保湿も大切

 スーザン医師は、お水をよく飲むことで唇の乾燥を防げるとアドバイス。セレブは肌のために毎日大量の水を飲むことは有名だけれど、水を飲むことで唇もうるおうそう。冬の間もしっかりとした水分補給を。

リップクリームで外気から唇をカバー

画像1: リップクリームで外気から唇をカバー

 冬の外気はとても乾燥しているので、うるおいリップの大敵。空気が乾燥した外気に触れるときにはリップクリームが外気からカバーする役目を務めてくれるので、外気に触れる時にはカバーするつもりで事前にリップクリームを塗るのを心がけて。

画像2: リップクリームで外気から唇をカバー

 そして忘れてはいけないのが、1日に何度もリップクリームを塗ること。ほかの季節に比べて、少し気を抜くとすぐに乾燥してしまう唇。いつも目につくところにリップクリームを置いて、こまめなリップケアを忘れずに。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.