女優のエマ・ストーンがゴールデン・グローブ賞の授賞式で着用したドレスは、気が遠くなるほどの制作時間が要されていた。(フロントロウ編集部)

 助演女優賞にノミネートされたエマ・ストーンが、ゴールデン・グローブ賞の授賞式に参加。エマは、ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)の広告塔を勤めていることもあり、授賞式には同ブランドのドレスを着用して華を添えた。

画像1: エマ・ストーン、ゴールデン・グローブで着用したドレスの制作時間に気が遠くなる【ゴールデン・グローブ2019】

 他のセレブが着用しているドレスと比べると、一見シンプルなエマのドレス。ところがこのドレスには、気が遠くなるほどの制作時間がかけられていた。

 このドレスは、6万3,000個ものツイステッドガラスチューブでデザインが施されており、なんとエマのドレスを制作するのに使われた時間は、800時間以上。これは日数に変換すると、約33日以上かかっており、職人の魂が込められた1着に。

画像2: エマ・ストーン、ゴールデン・グローブで着用したドレスの制作時間に気が遠くなる【ゴールデン・グローブ2019】

 アクセサリーはピアスと指輪のみですっきりとミニマルに仕上げ、ドレスを引き立てた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.