寒さや乾燥で、唇がカサつきやすくなってしまう冬。とくに唇の両端が切れる口角のトラブルは、ひときわ治りにくいのがクセモノ。そんな頑固な口角のカサつきの原因と対処法を、美容の専門家たちがアドバイスした。(フロントロウ編集部)
画像1: 「唇の端」が切れる痛~いトラブル、その原因と予防法は?

 唇の両端のカサつきは「口角炎」と呼ばれ、誰もが一度はなる一般的な唇の炎症だそう。では、一体なぜできてしまうのか? アメリカの皮膚科医マンジュラ・ジェガソシーが、その原因のひとつとしてあげたのは「唾液の付着」。

 マンジュラは米メディアRefinely29に、「眠っているあいだに唾液が口から漏れると、その唾液は口角に溜まってしまうの」とコメント。

画像2: 「唇の端」が切れる痛~いトラブル、その原因と予防法は?

 唾液にはカンジダ菌が含まれているので、口角に溜まった菌が肌の乾燥や赤みなどの炎症を引き起こしてしまうという。また唇をよく舐める人も、唾液のカンジダ菌が原因となって口角炎を発症してしまうことが多いと指摘。

 ほかにもニューヨークの栄養士マヤ・フェラーは、「食生活」が口角炎の原因になるとコメント。とくにビタミンB2、B3、B6の欠如や鉄分不足は、口角炎を引き起こす可能性が高くなるという。

画像3: 「唇の端」が切れる痛~いトラブル、その原因と予防法は?

 また、炭水化物や糖分を多くとる食生活を送っていると、口内のカンジダ菌を増殖させてしまうので注意が必要だという。歯磨きやフロスで口内を清潔に保つことも予防に効果的だそう。

 一度なるとなかなか治らない口角炎。繰り返さないためにも、専門家たちのアドバイスを参考にしてみて。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.