飲むためのお酒を使った美容といえば、日本では日本酒を使ったローションや入浴剤などが知られているけれど、海外ではビールを髪や肌のために使ったコスメがひそかに人気。(フロントロウ編集部)

キャサリン・ゼタ・ジョーンズは髪にビール

画像: キャサリン・ゼタ・ジョーンズは髪にビール

 以前にも、ハリウッド女優のキャサリン・ゼタ・ジョーンズはビールをヘアトリートメントとして愛用していると告白。「つけたあと数日間は頭からビール樽みたいなニオイがするけど、髪にとってもいいのよ」と英メディアDaily Mailに語っているように、ビールの香りがつくという点を除いては、髪の調子が良くなり満足の様子。

ビールに含まれる美容成分

 実は、ビールには強い抗酸化作用やビタミンB、タンパク質などが含まれているので、髪を強くツヤやかに整える効果が期待できるそう。

画像1: ビールに含まれる美容成分

 また、ビールの原料のホップにはスクラブ効果、抗炎症効果、老廃物を取り除く作用があるので、くすんだ肌や乾燥肌を改善させるなど、健やかな肌に導いてくれる効果も期待できるという。

画像: ビールの原料 ホップ

ビールの原料 ホップ

 ヘアケアやスキンケアにもぴったりのビールは、海外のメーカーですでに製品化もされていて人気。

 アメリカのオーガニックコスメブランド「Intoxicating Beauty(イントキシケイティング・ビューティ)」は、ビールエキスを配合した保湿クリームなどのスキンケアアイテムを展開。

画像2: ビールに含まれる美容成分

 創業者のテレサ・ノーヴェルは「スキンケアをもっと楽しく、敏感肌の人にも効果のあるものにしたいと考えていたの。まさにビールはそんなスキンケアにピッタリ」と米メディアBustleに話している。

 ビールの成分を配合したヘアケアやスキンケア製品は日本ではなかなかすぐには手に入らないけれど、旅先などで良さそうなアイテムを見つけたらチェックしてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.