セレブ御用達ブランドのジャックムス(Jacquemus)が、最新コレクションでグレードアップした何も入らない「マイクロバッグ」をお披露目した。(フロントロウ編集部)

 2009年にスタートしたJacquemus(ジャックムス)は、わずか10年でリアーナをはじめ、ケンダル・ジェンナーやセレーナ・ゴメスなどセレブたちが愛用しているブランドに急成長。毎回話題を呼ぶJacquemus(ジャックムス)の最新コレクションが、フランスでお披露目された。

 そこで発表されたアイテムで1番話題を呼んだのは、バッグ。ジャックムスが今回のコレクションで発表したバッグとは?

「何も入らない」バッグがさらに進化

 ジャックムスには、ビヨンセやリアーナなど、トレンドセッターのセレブたちがこぞって愛用するマイクロバッグがあるけれど、今回はそのマイクロバッグがさらに小さくなったバッグを公開。

画像1: 「何も入らない」バッグがさらに進化
画像2: 「何も入らない」バッグがさらに進化

 もはやズームにしないと何を持っているかすら分からないほど小さなバッグを見たネット民たちは、このマイクロバッグに大荒れ。「一体何を入れるの?」「そもそもこれはバッグなのか」などといった声が相次いだ。

画像3: 「何も入らない」バッグがさらに進化

 ジャックムスの何も入らないマイクロバッグは、1番高いもので約10万円で、バッグ本来の使用価値がないことも考えると、まさにセレブ価格。(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.