シンガー兼女優のジェニファー・ロペスと元メジャーリーガーのアレックス・ロドリゲスが、約2年間の交際を経てついに婚約したことがわかった。(フロントロウ編集部)

大物カップルがついに婚約

 人気シンガーとして第一線で活躍する傍ら、女優としても精力的に活動するジェニファー・ロペス(49)が、約2年前から真剣交際をスタートさせたMLBの元スター選手アレックス・ロドリゲス(43)と婚約したことを、インスタグラムを通じてファンに報告した。

View this post on Instagram

♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️♥️

Jennifer Lopezさん(@jlo)がシェアした投稿 -

 ジェニファーとアレックスがそろってインスタグラムにアップした写真には、ひと目見て婚約したことがわかる、巨大なダイヤモンドの指輪を左手の薬指にはめたジェニファーの手が写されており、アレックスの投稿には「彼女が『イエス』と返事をしてくれた」というキャプションが添えられていた。

画像: 先ほどの婚約指輪の写真と、ほぼ同時刻にアレックスのインスタグラムのストーリーにアップされた動画には、プロポーズ前後に撮影されたものと思われる、バラの花びらで 「アイ・ラブ・ユー(愛してる)」 の文字が描かれたベッドが映っていた。

先ほどの婚約指輪の写真と、ほぼ同時刻にアレックスのインスタグラムのストーリーにアップされた動画には、プロポーズ前後に撮影されたものと思われる、バラの花びらで「アイ・ラブ・ユー(愛してる)」の文字が描かれたベッドが映っていた。

 関係者が米Peopleに語った話では、アレックスはジェニファーにプロポーズすることをごく親しい知人にしか伝えておらず、ジェニファーにとっては“完全サプライズ”だったとか。また、今回アレックスがプロポ―ズの地に選んだバハマは、2人が交際当初、お互いのことをもっとよく知るためにプライバシーを求めて旅行に訪れた、思い出の地なんだそう。

20年前からジェニファーの大ファン

 スポーツ界きってのモテ男として知られ、ジェニファーと交際を始める前は「恋多き男性」として名を馳せていたアレックス。そんな彼が今やほかの女性には目もくれず、一途に愛し続ける“愛しのジェニファー”は、約20年前から「憧れの人」だった。

 アレックス本人もジェニファーと出会う前から、ジェニファーのファンであったことを認めており、約20年前にジェニファーから“A・ロッド(アレックスのニックネーム)宛て”にサインをしてもらった額縁入りの写真をインスタグラムで公開。20年前の自分は想像もしなかったであろう未来に、「人生何が起こるかわからないね」とコメントした。

画像: 20年前からジェニファーの大ファン

ジェニファーが好きすぎてひたすらスマホで撮影

 ちなみに、ご存じの方も多いと思うが、正式にジェニファーの恋人に“昇格”してからも、アレックスのファン心が消えることはなく、むしろさらに火がついたのか、行く先々でジェニファーのことをスマホで撮影するように。

画像1: ジェニファーが好きすぎてひたすらスマホで撮影

 レッドカーペットからパフォーマンスの模様まで、愛するジェニファーの姿を一瞬たりとも逃すことなく、スマホのカメラで追い続ける姿が話題になることもしばしば。

画像2: ジェニファーが好きすぎてひたすらスマホで撮影

 それほど大好きなジェニファーのハートを射止め、婚約までこぎつけたアレックス。Peopleによると、ジェニファーとアレックスにはそれぞれ前のパートナーとのあいだに2人の子供がいるが、子供たちはずいぶん前からジェニファーとアレックスが結婚することを望んでいたそうで、2人がようやく婚約したことをとても喜んでいるという。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.