メアリー・スチュアートとエリザベス1世の対立を描く映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』から、英国らしいロマンティックなプロポーズシーンが公開。その日本語字幕つき映像を、フロントロウ独占で先行配信。(フロントロウ編集部

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』とは

 映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』は、史実をもとに、16世紀のスコットランド女王メアリー・スチュアートとイギリス女王エリザベス1世の対立を描いて英アカデミー賞で3部門にノミネートされた注目作。

画像1: 『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』とは

 メアリー・スチュアート役にシアーシャ・ローナン、エリザベス1世役にマーゴット・ロビーを迎えた同作。男性を従える絶対的女王を2人の若手女優がどう演じるかに当初から注目を集まってきたが、そんな作品にはほかにも、多くの見どころがある。

 まずは、エリザベス1世役のマーゴットの役作り。『スーサイド・スクワッド』のハーレクイン役や、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のナオミ役と、セクシーさ全開な役どころで知られるマーゴットだが、赤毛で肌も弱かったと言われるエリザベス1世を今作で演じるにあたり、ルックスがガラリと変化。その変貌ぶりには、撮影段階から驚きと称賛の声が上がっていた。

画像2: 『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』とは

 また、この映画にはシンガーのテイラー・スウィフトのイケメン恋人として知名度を上げているジョー・アルウィンもエリザベス女王の側近役として出演。16世紀イギリスの衣装に身を包んだジョーの姿は、必見。

画像3: 『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』とは

16世紀なのに現代的?逆プロポーズシーンが先行公開

 そして今回フロントロウ独占で先行公開するのは、『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』の本編映像から、メアリーの夫であるダーンリー卿がプロポーズするシーン。ダーンリー卿は、映画『ダンケルク』でパイロットのコリンズ役を演じ人気急上昇中のジャック・ロウデンが演じている。

画像: 『ふたりの女王』本編抜き映像 www.youtube.com

『ふたりの女王』本編抜き映像

www.youtube.com

 映像では、気の強い女王メアリーが先にダーンリー卿にプロポーズ。しかしその内容は、「私は国に仕える者。あなたにもその覚悟が?」という、絶対的女王としての覚悟を備えた威厳たっぷりなもの。女王のその言葉を聞いたダーンリー卿は、その堂々した態度にたじたじ。そして「男が言うものじゃ?」と聞き返したダーンリー卿に、女王メアリーは「じゃ 言って」と強気に言い返す。

 そこでダーンリー卿も気を取り直し、神と全世界を前に女王メアリーに求婚。大自然のなか2人は結婚の約束をし、キスをするという全世界のロマンチストが憧れてしまうようなシーンに仕上がっている。

プライベートでもロマンスのウワサが

 ジャックが英国貴族らしい衣装に身を包み、大自然のなか馬に乗りながら彼女にプロポーズするその姿は、ファンが身もだえしてしまうほどイケメン。

 実は、シアーシャとジャックは、この共演がきっかけでロマンスのウワサが流れている。今回公開されたシーンも、2人のそんな関係を知って見るとまたひと味変わってくる。

画像: プライベートでもロマンスのウワサが

 胸キュンなプロポーズを披露したダーンリー卿だけれど、実は男色というまさかな展開もあり、見どころが多すぎる映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』は、3月15日に公開。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.