リーボックのカジュアルライン“リーボック クラシック”において、1994年にランニングシューズとして登場し、リーボックの最も代表的なモデルであるスニーカー、インスタポンプフューリー。その発売25周年を記念し、初回生産版“プロトタイプ”の初復刻モデル「インスタポンプフューリー プロト 94」が、1994年発売にちなみ、全世界1994足限定で2019年3月22日(金)に発売される。(フロントロウ編集部)
画像: リーボックのインスタポンプフューリー、幻の初回生産版プロトタイプが初復刻

幻の「インスタポンプフューリー」“プロトタイプ”とは

 1994年3月に「インスタポンプフューリー」は、当時の“プラネット リーボック”と呼ばれるキャンペーンの目玉商品として登場。

 発売時のファーストカラーとして知られる、イエローやレッドといった原色を大胆に使った通称“シトロン”カラーには、“プロトタイプ”と呼ばれる半年しか販売されなかった初回生産版が存在した。

画像: 幻の「インスタポンプフューリー」“プロトタイプ”とは

 “プロトタイプ”のアウトソール前足部には、イエローのラバーパネルが使用されていたが、鮮やかなシトロンイエローの染料は柔らかく、すぐに劣化してしまうという問題があった。

 品質改良の結果、初回版発売後半年が経った1994年9月に耐久性に優れたブラックのラバーソールに変更し、同時にいくつかのディテールも変更して再度発売。故に、実際には2番目のバージョンでありながら、この時の発売モデルが現在「インスタポンプフューリー オリジナル」として認識されている。

画像: 「インスタポンプフューリーデザイン画

「インスタポンプフューリーデザイン画

 そんな「インスタポンプフューリー」が、発売25周年を記念して、初回生産モデルの“プロトタイプ”がシリアルナンバー付1994足限定で、全世界で初復刻される。

「INSTAPUMP FURY」“プロトタイプ”と“オリジナル”比較

画像1: 「INSTAPUMP FURY」“プロトタイプ”と“オリジナル”比較
画像2: 「INSTAPUMP FURY」“プロトタイプ”と“オリジナル”比較
画像3: 「INSTAPUMP FURY」“プロトタイプ”と“オリジナル”比較
画像4: 「INSTAPUMP FURY」“プロトタイプ”と“オリジナル”比較
画像5: 「INSTAPUMP FURY」“プロトタイプ”と“オリジナル”比較

「INSTAPUMP FURY PROTO 94」商品概要

画像: 「INSTAPUMP FURY PROTO 94」商品概要

INSTAPUMP FURY PROTO 94(インスタポンプフューリー プロト 94)
品番/カラー:[EF3014]ブラック/ハイパーグリーン/レッド
発売日:2019年3月22日(金)
サイズ:23.0cm~30.0cm(ユニセックス)
自店販売価格:¥21,600(税込)
発売店舗:
・リーボック クラシックストア(原宿、HEP FIVE)
・リーボック オンラインショップ
・アトモス ハラジュク / BEAMS 原宿 / BILLY'S Online / BILLY’S ENT HARAJUKU / BILLY’S ENT OSAKA /KICKS LAB. / mita sneakers / UNDEFEATED 渋谷 / UNDEFEATED 大阪 / UNITED ARROWS & SONS /UPTOWN Deluxe / UPTOWN 熊本店

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.