グーグル(Google)にカタカナで「セレブ」と入力して検索した結果、「セレブの顔」として出てくる顔写真がなんか違う!?(フロントロウ編集部)

セレブの「顔」に選ばれたのは誰?

 突然ですが、みなさんはグーグル(Google)で「セレブ」と検索すると、どのセレブの顔写真が例として出てくるかご存じだろうか?

 試しにカタカナで「セレブ」と入力してグーグル検索した結果がコチラ。

画像: 2019年3月14日の午後5時に撮影したキャプチャー画像。

2019年3月14日の午後5時に撮影したキャプチャー画像。

 ページの右横の「Celebrity(セレブリティ)」と書かれた箇所に表示された顔写真に注目してほしい。

画像: セレブの「顔」に選ばれたのは誰?

 なんとなく見覚えがある気もするけれど、何かが違う。この違和感はなんだろう?

 その答えは、この写真を使用した記事を掲載するアメリカ発の女性向け情報サイト「Refinery29」にあった。記事のタイトルはズバリ『セレブの顔をかけ合わせた“ハイブリッド・フェイス”が意外とイイ感じ&かなりセクシー?』。

 違和感の正体は、米Refinery29の言葉を借りるならば「ハイブリッド・フェイス」、つまりセレブとセレブの顔をかけ合わせて作った“この世に存在しない人物の顔”にあった。

 では、そのことを踏まえてもう一度あの写真をご覧頂こう。今度は、この写真がどのセレブとセレブの顔をかけ合わせて作られたものなのかを、予想してみてください。


 わかりましたか?

 正解は、シンガーのジャスティン・ビーバーと先輩シンガーのジャスティン・ティンバーレイク

画像: ジャスティン・ビーバー(左)とジャスティン・ティンバーレイク(右)。

ジャスティン・ビーバー(左)とジャスティン・ティンバーレイク(右)。

 ちなみに、グーグル検索した人物とはまったく別人の写真が出てくるという現象はよくあることのようで、グーグルによると、顔写真が表示されている“ナレッジパネル”と呼ばれるボックスの右下にある「Feedback(フィードバック)」をクリックすると、問題点をグーグルに報告できるようになっているという。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.