大人気シリーズ映画『ハリー・ポッター』で使用された実際のセットなどを見学できるワーナー・ブラザース・スタジオツアーの「ザ・メイキング・オブ・ハリー・ポッター」に、新エリア「グリンゴッツ銀行」が登場する。(フロントロウ編集部)

グリンゴッツ銀行が初お披露目

 熱狂的なファンが多い『ハリー・ポッター』シリーズの世界観が味わえる、英ロンドンにあるワーナー・ブラザースのスタジオツアー「ザ・メイキング・オブ・ハリー・ポッター」に、新エリアとなる「グリンゴッツ銀行」が4月6日よりオープンする。

 これによりスタジオツアーに参加した人は、『ハリー・ポッター』シリーズを通して重要な舞台となった、グリンゴッツ銀行の内部を実際に目で見て感じられるようになる。

画像1: グリンゴッツ銀行が初お披露目
画像2: グリンゴッツ銀行が初お披露目
画像3: グリンゴッツ銀行が初お披露目

 そんな新エリアのオープンに先駆けて、『ハリー・ポッター』でフリットウィック先生役やゴブリン役を演じたワーウィック・デイヴィスと、双子のフレッド&ジョージ・ウィーズリー役を演じたジェームズ&オリバー・フェルプスがお披露目会に登場。

画像4: グリンゴッツ銀行が初お披露目

 杖をもったジェームズとオリバーは、グリンゴッツ銀行のエントランスや、『ハリー・ポッターと死の秘宝 Part2』で登場した、ヴォルデモートの分霊箱などが眠るベラトリックス・レストレンジの金庫の前でポーズするなど、カメラの前で盛大なファンサービスをしてくれた。

画像5: グリンゴッツ銀行が初お披露目

 ワーウィックもまた、セットのデスクに座り険しい顔で書き物をするなど、映画で演じたグリンゴッツ銀行で働くゴブリン役を再現した。

画像6: グリンゴッツ銀行が初お披露目

 『ハリポタ』ファンなら一度は見ておきたい「ザ・メイキング・オブ・ハリー・ポッター」の新エリア、グリンゴッツ銀行は4月6日よりオープン。アトラクションには、撮影で実際に使われたコスチュームなどに身を包んだゴブリンの銀行員たちも展示される。

画像7: グリンゴッツ銀行が初お披露目

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.