人気ラッパーのドレイクが世界を驚愕させた記録を持つあのレジェンドと夜遊びした。(フロントロウ編集部)

早朝3時まで遊んだ相手は?

 英ロンドンで公演を行なったドレイクは、有名クラブTape Londonを訪れてナイトアウト。

 このクラブでドレイクは、以前から親交があり、現在はサッカー選手として第2の人生を歩んでいる元陸上競技の世界王者であるウサイン・ボルトと、夜遊びを楽しんだ。

画像1: 早朝3時まで遊んだ相手は?

 陸上短距離で世界記録を保持するレジェンドとして今も称されるボルトと早朝3時までクラブで踊り明かしたドレイクは、混乱を避けるためか帰りは別々。

 ボルトはドリンクのカップを持ったまま外に出てくると、カメラに向かってポーズを取ったり、ファンの写真撮影にも応じたりする親切な対応をした。

画像2: 早朝3時まで遊んだ相手は?
画像3: 早朝3時まで遊んだ相手は?

一方のドレイクは、普段パパラッチの前ではポーカーフェイスのことが多いが、この日は珍しく歯を見せて笑う姿がキャッチされた。

画像4: 早朝3時まで遊んだ相手は?

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.