「今日は特別だから」と、いつもより気合を入れてメイクをした結果、失敗してしまったことがある人は少なくないのでは? セレブを手掛けるメイクアップ・アーティストが、大切な日のメイクで失敗しない方法を紹介。(フロントロウ編集部)
画像: 大切な日にかぎって失敗しがちなメイク、原因と対策を専門家が伝授!

 大切な日に、いつもよりメイクの時間をしっかりとって丁寧にメイクをしたら失敗してしまい、やり直してもさらにおかしくなるという負のループに陥ることは、実はメイクの失敗あるある。

 人気モデルのミランダ・カーをはじめセレブを手掛けるメイクアップ・アーティストのシャーロット・ティルベリーが、大切な日のメイクで気をつけたいことと、失敗しないためにオススメのメイクアイテムを紹介。

ミランダ・カーとシャーロット・ティルベリー

当日に新しいメイクを試さない

 いつもよりも素敵なメイクに仕上げたいがために、つい新しいメイクアイテムを使ってしまいたくなるけれど、シャーロットは、「当日にメイクの実験をしても良い結果は生まれないわ!」と反対。

 とくに、大胆なハッキリしたカラーアイテムを使うと失敗する原因になりやすいと英メディアGlamourに話した。

画像1: 当日に新しいメイクを試さない

 カラーアイテムは、くすみやゴールドパウダーが入っているかなどの些細な色のニュアンスでチークやリップ、アイシャドウとのバランスが変わってくる。また、メイクをする自宅の明かりと、出先の照明や屋外の光によっても色の印象が変わって見えることがある。そのため、まずは一度、別の日に試してから取り入れるようにするなど慎重さが大切。

画像2: 当日に新しいメイクを試さない

失敗せず、最高の顔を作れるメイク法

 結婚式や大切なイベントでは、自分自身の魅力をメイクで最大限に引き出したいもの。

 シャーロットは、「あなた自身の最も美しい顔で、自信をもっていたいわよね。いつもとまったく違う顔だとは思われたくないし、そう見せたくはないはず」と話して、「アイシャドウのカラーに、チョコレート、コッパーカラーをチョイスすると間違いないわよ」とアドバイスした。

画像1: 失敗せず、最高の顔を作れるメイク法

 シャーロットは、「チョコレートやコッパーのようなニュートラルな色合いは、すべての肌色、瞳とも相性が良くて、どんなときもかんたんに美しく見せることができて、スタイリッシュなの」とオススメ。

画像2: 失敗せず、最高の顔を作れるメイク法

 冒険したカラーのアイメイクをすると失敗するリスクがあるけれど、チョコレートのダークブラウンや光沢感や赤みのあるコッパーはどんな人にも、ファッションにも合い万能なのだそう。

 気合いを入れてメイクをしたいときは、シャーロットのアドバイスを思い出してみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.