イギリス王室のメーガン妃とヘンリー王子が、出産後にイギリスを出て、外国へ移住するのではないかというウワサが。(フロントロウ編集部)

 2018年5月に結婚式を挙げたイギリス王室のメーガン妃ヘンリー王子。4月下旬に第1子の出産を目前に控えており、多くの人が心待ちにしているなか、もうひとつ大きな予定を控えているという。

画像: メーガン妃とヘンリー王子、ロイヤルベビーと「海外移住」か

 今年の初めにロンドンからウィンザーに住居を移した2人だけれど、近い将来に再びその場所を離れて、イギリス国内ではなくアフリカのどこかの国へ引っ越すと英Sunday Timesが報じた。

 アフリカといえば、ヘンリー王子にとって思い入れのある場所。ヘンリー王子が後援者を務める非営利団体があるボツワナ共和国には、婚約前にメーガン妃と旅行で訪問し、話題を呼んでいた。また、ボツワナ共和国はヘンリー王子が「第2の故郷」だと公言するほど、頻繫に訪れている場所でもある。

 バッキンガムパレスはこのウワサについて、「現段階において、メーガン妃とヘンリー王子は将来ついて時間をかけて考えているところです。まだなにも決まっていません」と否定も肯定もしないような声明を発表した。

 もし、メーガン妃とヘンリー王子がアフリカに移住することになれば、ロイヤルベビーが誕生してから少し過ぎた来年の2020年になるのではないかといわれている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.