日本で6月7日に公開されるディズニーの名作アニメ『アラジン』の実写版キャストの来日が決定した。(フロントロウ編集部)

『アラジン』のPRのためにあの俳優が来日

 ディズニーの名作アニメ『アラジン』を実写化した映画『アラジン』は、ウィル・スミスがランプの精ジーニーを務め、主人公のアラジンにはミーナ・マスード、そしてお相手のジャスミンにはナオミ・スコットが出演。

 日本でもファンが多い作品なだけに注目度は高い『アラジン』のキャストが、プロモーションのため来日することが決定。

 今回来日するのは、ジーニー役のウィル・スミスと、『アラジン』の主題歌である「ホール・ニュー・ワールド」や、『美女と野獣』、『リトル・マーメイド』の楽曲を生み出したディズニーのレジェンドであり天才作曲家のアラン・メンケン。

 2人は5月16日に日本で行なわれる『アラジン』のマジック・カーペット・イベントに登場する予定となっている。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.