人気ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演するソフィー・ターナーが、ビルボード・ミュージック・アワード(BBMAs)に出席。婚約者でシンガーのジョー・ジョナスも同アワードに出席したが、ソフィーは別の男性とレッドカーペットに登場した。(フロントロウ編集部)

レッドカーペットに婚約者を同伴せず

 現在開催されている音楽の祭典ビルボード・ミュージック・アワード(BBMAs)に女優のソフィー・ターナーが登場し、ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)のジャンプスーツでレッドカーペットに姿を現してゴージャスなスタイルを披露。

画像: 2019年のレディ・トゥ・ウェアとして発表されたジャンプスーツ。

2019年のレディ・トゥ・ウェアとして発表されたジャンプスーツ。

 じつはビルボード・ミュージック・アワードには、ソフィーの婚約者であるジョー・ジョナスもジョナス・ブラザーズとして出席。ジョーは兄と弟と一緒にレッドカーペットのフォトコールに参加した。

画像1: レッドカーペットに婚約者を同伴せず

 その後、兄のケヴィン・ジョナスと弟のニック・ジョナスは、それぞれレッドカーペットに妻を同伴し、カップルでもフォトコールに応えた。

画像2: レッドカーペットに婚約者を同伴せず

 兄弟夫婦はそれぞれカップルで写真を撮ったため、ソフィーとジョーの2ショットも見られるのかと思いきや、レッドカーペットでソフィーの隣にいたのは、ジョーとは違う男性。ソフィーがジョーではなく、レッドカーペットのお伴に選んだのは、映画『X-MEN:ダーク・フェニックス』で共演する若手俳優のタイ・シェリダン。

画像3: レッドカーペットに婚約者を同伴せず

 ソフィーとタイは、この日アワードで2人揃ってプレゼンターとして出席したため、レッドカーペットにも一緒に登場した。

 ちなみにソフィーはビルボード・ミュージック・アワードの会場内では、ジョーと隣同士で座り、バックステージでも仲睦まじい姿が見られた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.