シャーリーズ・セロンがリアーナに仕掛けられた爆笑ものの「イタズラ」を暴露した。 (フロントロウ編集部)

 映画『モンスター』(2003年公開)でアカデミー賞ほか主要アワードの主演女優賞を総なめにした演技派女優のシャーリーズ・セロンと世界的人気を誇る歌姫のリアーナという2人の大スターには、ある意外な共通点がある。

 それは、2人が共通のパブリシスト(広報担当のエージェント)を雇っていること。

 人気商売のセレブたちにとって、パブリシストに気に入られることは至極重要。なぜなら、まずはパブリシストに自分のことを好きになってもらうことで、世の中に戦略的に売り出してもらえるから。パブリシストは自分のお気に入りのセレブを優先してプッシュする傾向がある。

 シャーリーズは最近出演したトーク番組『Late Night with Seth Meyers(レイト・ナイト・ウィズ・セス・メイヤーズ)』で、パブリシストをめぐるリアーナとの水面下の争いに関するエピソードを面白おかしく紹介。リアーナに仕掛けられた、普通の人なら考えもしない爆笑の「イタズラ」について暴露した。

 「パブリシストには、自分のことを世の中に売り込むだけの価値があるって思って欲しいじゃない? でも、そのパブリシストが抱えるほかのクライアントがリアーナみたいな人だと、ホントに大変」と話し始めたシャーリーズは、続けて、毎年、自分の誕生日にパブリシストから送られてくるバースデーメッセージはじつに素っ気ないものだとポロリ。「彼女はいつも『幸せなバースデーをね~』とかってシンプルなメールをくれるだけ。『Birthday』ってちゃんと書かずに『B’Day』って略されてるくらいなの」と、いかに自分がパブリストから軽んじられているかを説明した。

画像: 『Late Night with Seth Meyers(レイト・ナイト・ウィズ・セス・メイヤーズ)』に出演したシャーリーズ。©Late Night with Seth Meyers/ YouTube

『Late Night with Seth Meyers(レイト・ナイト・ウィズ・セス・メイヤーズ)』に出演したシャーリーズ。©Late Night with Seth Meyers/ YouTube

 しかし、2カ月ほど前のある日、シャーリーズのもとに、突然リアーナからのある小包が届けられた。中身は、黒いTシャツ。

 恐る恐る広げてみると、前面には、なんと、パブリシストがリアーナに宛てて書いた「ハッピーバースデー! 私のお気に入りさん! あなたが楽しい1日を過ごしていることを願うわ」というメールのスクリーンショットがプリントされていた。

 自分に送られてくるバースデーメッセージよりもはるかにテンション高めに、丁寧に書かれたメッセージにショックを受けたシャーリーズを、さらに打ちのめしたのは、そのすぐ下にプリントされていた、リアーナからパブリシストに宛てた返信に書かれていた「このメールをTシャツにプリントしてシャーリーズに送るわ! 」というメッセージ。

 そう、リアーナは“自分のほうがパブリシストに断然気に入られている”ということを嫌味っぽくシャーリーズにアピールするため、メールで宣言した通り、本当にメール画面をプリントしたTシャツを特注して、シャーリーズに送りつけていた!  

 シャーリーズが受け取ったTシャツの実際の画像がこちら。

画像1: ©YouTube/ Late Night with Seth Meyers

©YouTube/ Late Night with Seth Meyers

画像2: ©YouTube/ Late Night with Seth Meyers

©YouTube/ Late Night with Seth Meyers

 笑いながら「ホント、すっごく気分が良かったわ」と皮肉たっぷりにこのエピソードを振り返ったシャーリーズは、「でも、忙しいのにこんな事をする時間を取ってくれたことには感謝してる」とリアーナのイタズラにかける情熱に感心した様子でコメントしていた。

 こんな手のこんだイタズラを考えつけるなんて、リアーナの並外れた発想力には感服。リアーナへの“特別扱い”を全国のお茶の間にバラされたパブリシストは、今頃、冷や汗をかいているかも。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.