モデルのテイラー・ヒルが、仏カンヌで開かれた映画『ロケットマン』のプレミアに“テイラー史上最もシースルーなドレス”を着て出席して話題に。(フロントロウ編集部)

テイラーが美ボディを惜しげもなく露わに

 米大手ランジェリーブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」の広告塔、通称エンジェルの一員であるモデルのテイラー・ヒルが、現地時間5月26日に閉幕したカンヌ国際映画祭の開催期間中に仏カンヌで行われた、8月23日公開の映画『ロケットマン』のプレミアイベントに出席。

 そこでテイラーが披露した美しすぎるドレス姿が話題になっている。

画像1: テイラーが美ボディを惜しげもなく露わに

 この日、テイラーが着ていた白のロングドレスはフェンディ オートクチュール(FENDI Haute Couture)のもので、ご覧の通り、どの角度から見ても肌が透けるシースルー素材のかなり過激なデザインが特徴。

 ヴィクトリアズ・シークレットのファッションショーで下着姿を披露することはあっても、それ以外の公の場でテイラーがここまで露出するのは稀。

画像2: テイラーが美ボディを惜しげもなく露わに

 下はベージュのショーツを履いていたが、ほかのボディパーツは覆い隠すことなく、身長178cmの9頭身ボディを惜しげもなく露わにした大胆な装いで、会場に集まった人たちの視線を釘付けにした。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.