ポケモンGOを運営するNiantic社が、ワーナー・ブラザースと開発した体験型スマホゲーム『ハリー・ポッター:魔法同盟(Harry Potter: Wizards Unite)』の新たな字幕つき予告動画が公開された。(フロントロウ編集部)

 2019年に配信が予定されているゲーム『ハリー・ポッター:魔法同盟』は、魔法に溢れた世界に引き込んでくれる体験型スマホゲーム。

 町を歩きながらポケモンを捕まえていくポケモンGOと同じく、拡張現実(AR)を使ったゲームで、現実世界を歩きながら、呪文を学び、魔法動物たちと戦い、仲間と共に敵に立ち向かっていくという内容。

画像: 『ハリー・ポッター:魔法同盟』 魔法使い募集!インターナショナル トレーラー www.youtube.com

『ハリー・ポッター:魔法同盟』 魔法使い募集!インターナショナル トレーラー

www.youtube.com

 前回公開された日本版予告動画に続き、「マグル(※)」の世界でさらに頻繁に出現しはじめ大混乱を招いている魔法の事件の数々が紹介されている今回の予告編。
※『ハリー・ポッター』の世界では、魔法を使えない人間たちのことをマグルと呼ぶ。

 動画には、魔法省からのメッセージと共に、ハリー・ポッター好きにはおなじみの「死喰い人」、地獄の番犬「ケルベロス」 や「怪物的な怪物の本」がマグル界で暴れまわる姿も。

 世界各地で魔法による事件が勃発している様子が映しだされるなか、日本の新幹線内から撮られたと思われる場面も登場。

 ゲームのリリースは2019年とされていて詳細は未発表だが、『ハリー・ポッター』シリーズと『ファンタスティック・ビースト』の2つの世界やキャラクターを組み合わせた体験型ゲームということで、爆発的人気が予想される。

 ゲーム『ハリー・ポッター:魔法同盟』は、現在事前予約を受付中。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.