シンガーのアダム・ランバートが、アルバム『ヴェルヴェット(Velvet)』からシングル「ニュー・アイズ(New Eyes)」をリリース。この新曲をクイーンのブライアン・メイが絶賛している。(フロントロウ編集部)

2019年2枚目となるシングルをリリース

 アメリカのオーディション番組『アメリカン・アイドル』出身のシンガーとして知られるアダム・ランバートは、2015年にリリースしたアルバム『オリジナル・ハイ』以来、約4年ぶりとなるアルバム『ヴェルヴェット(Velvet)』を2019年にリリースすることが決定している。

 そこでファン待望の4枚目のアルバムのリリースに先駆け、2019年2作目のシングルとなる「ニュー・アイズ」をリリース。「ニュー・アイズ」のリリースに伴いMVも公開されており、そのMVには、普段の短髪のアダムではなく、セミロング姿になったアダムの姿が。

画像: ブライアン・メイ、アダム・ランバートの新曲を絶賛「恋に落ちた」

 そして今回、アダムの約3ヵ月ぶりとなる楽曲「ニュー・アイズ」について、クイーン+アダム・ランバートとして7月から一緒にワールドツアーを周ることが決定しているクイーンブライアン・メイが、自身のインスタグラムで熱弁をふるった。

 ブライアンは自身のインスタグラムにアダムのMVの一部をアップして、「アダム・ランバートの新曲!「ニュー・アイズ」!!!」と自身のフォロワーに新曲を宣伝し、「おかしなことに、はじめて聞いた時は、よく分からなくて消化するのに時間がかかった」と、素直に理解するのに時間がかかったことを明かした。しかし、今ではすっかりお気に入りのようで、「けど、今は間違いなくこの楽曲に恋に落ちているよ。いけ、アダム!」とメッセージを送った。

 ちなみにアダムは、新曲のプロモーションのために古巣『アメリカ・アイドル』で「ニュー・アイズ」を披露することが決定している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.