Photo:ゲッティイメージズ、@disneyaladdin/Twitter
6月7日に日本公開されるディズニーの実写映画『アラジン』に先駆けて、サウンドトラックがストリーミングサービスにて配信された。(フロントロウ編集部)

10秒でハマる!『アラジン』サントラ

 ウィル・スミスがジーニーを演じるディズニーの実写版『アラジン』のサウンドトラックがApple Musicにて配信がスタート。

 『アラジン』オリジナルサウンドトラックには、ジャスミン姫を演じるナオミ・スコットとアラジンを演じるメナ・マスードが歌う名曲「ホール・ニュー・ワールド」をはじめ、オリジナル映画で歌われた楽曲や、本作でジャスミン姫のために作られたオリジナルソング「スピーチレス」も収録されている。

画像1: 10秒でハマる!『アラジン』サントラ

 エンドロールで流れるBGMを含め37曲、1時間16分のアルバムでは、1曲目にウィルが歌う「アラビアン・ナイト(Arabian Nights)」が収録。

画像2: 10秒でハマる!『アラジン』サントラ

 アラビアンなリズムが気分を盛り上げる同曲は、再生開始10秒頃から聴こえてくるジーニーに扮したウィルの歌声で一気に『アラジン』の世界観に引き込まれる。音楽を聞いているだけで、魔法のランプが存在する砂漠の王国アグラバーでアラビアン・ナイトを過ごしている気分にさせてくれる。

 ウィル、メナ、ナオミによって名曲たちが蘇るサウンドトラックには、5月はじめに公開されて話題沸騰したゼインとジャヴァイア・ワードによる「ホール・ニュー・ワールド」も収録。さらには、ラッパーとして活躍していたかつてのウィルを彷彿とさせる、DJキャレドをフィーチャリングに向かえたウィルの「フレンド・ライク・ミー」のラップバージョンも収録されている。

 映画『アラジン』が公開される前におさらいしておきたい、『アラジン』オリジナルサウンドトラックは、絶賛配信中。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.