人気モデルのアレッサンドラ・アンブロジオが、カンヌ国際映画祭のレッドカーペットに登場した時のドレスが話題になっている。(フロントロウ編集部)

 フランス・カンヌで5月25日まで行なわれるカンヌ国際映画祭。多くのセレブたちが登場して話題を呼んだなか、モデルのアレッサンドラ・アンブロジオのドレスに注目。

 アレッサンドラは、真紅の生地にスパンコールがつけられたジュリアン・マクドナルド(JulienMacdonald)のドレスでレッドカーペットに登場。

画像1: アレッサンドラ・アンブロジオ、「脚のつけ根」まで見えるドレスにハラハラ

 このドレスは、かなりスリットが深く入っていて、アレッサンドラが動くたびにヒラヒラと揺れるので、脚がギリギリまで丸見え。

画像2: アレッサンドラ・アンブロジオ、「脚のつけ根」まで見えるドレスにハラハラ
画像3: アレッサンドラ・アンブロジオ、「脚のつけ根」まで見えるドレスにハラハラ

 しかも角度によっては、脚はつけ根まで丸見えなため、お尻が出ちゃいそうで見ているこちらがハラハラ。

画像4: アレッサンドラ・アンブロジオ、「脚のつけ根」まで見えるドレスにハラハラ

 しかし、そこはトップモデルのアレッサンドラ。こちらの心配をものともせず、ドレスのトレーンを使い、優雅に舞って多くの人たちを釘つけにした。

画像5: アレッサンドラ・アンブロジオ、「脚のつけ根」まで見えるドレスにハラハラ
画像6: アレッサンドラ・アンブロジオ、「脚のつけ根」まで見えるドレスにハラハラ

 レッドカーペットを席巻したアレッサンドラは、このドレスが相当お気に入りだったようで、自身のインスタグラムにドレスの写真を何枚も投稿した。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.