クリスティーナ・アギレラが、ラスベガスで行なう常設公演エクスペリエンスがついに幕をあけた。(フロントロウ編集部)

アギレラの常設公演が開幕

 ラスベガスのザッポス・シアターで、5月31日から10月5日まで行なわれるクリスティーナ・アギレラの常設公演エクスペリエンス(Xperience)は、セレブたちが足を運び、早くも人気公演になりつつある。

 長期間にわたって行なわれる常設公演では、クリスティーナの大ヒット曲「ファイター」や「ビューティフル」をはじめ、ホイットニー・ヒューストンの「アイ・ラヴ・ザ・ロード」などカバー曲も披露されるスペシャルステージで、普段のコンサートとは少し違ったクリスティーナの姿が見られる。

 そんなクリスティーナの常設公演を訪れたのは、2018年に「フォール・イン・ライン」という曲でコラボしたことがあるデミ・ロヴァート。デミは、早速ラスベガスまでかけつけ、クリスティーナの常設公演を堪能。

 クリスティーナとデミが再会するのは、かなり久々だったようで、頬を寄せ合った2ショットをデミが自身のインスタグラムに公開し、「パーフェクトなショーだったわ。スムーズで完璧すぎて音がかなりよくて、オープニングナイトだって信じられなかった」とシンガーならではの視点で公演の感想を述べた。

 続けて、「あなたにハグ出来てとても嬉しい。14歳の時からあなたのコンサートは見ていなかったけれど、それからどれだけ人生が変わったか信じられないわ。あなたのことを友達と呼ぶことが出来て光栄に思う。クイーン、最後まで頑張って。そして、みんなエクスペリエンスに行くべきよ!!!」と、ファン目線でもこの公演の素晴らしさを伝えた。

 クリスティーナの公演は、まだはじまったばかり。10月5日の千秋楽まで長期間の公演を行なう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.