ソニー・ピクチャーズが制作する映画『シンデレラ』の公開日が決定。シンガーのカミラ・カベロが主演を務める。(フロントロウ編集部)

 大手ソニー・ピクチャーズが制作することで話題の、童話『シンデレラ』のリメイク版。今年4月、そんな不朽の名作の主演に、人気ガールズグループのフィフス・ハーモニーの元メンバーでシンガーのカミラ・カベロが抜擢されて話題になっていた。

画像: カミラ・カベロが主演を務める映画『シンデレラ』の公開日が決定

 そんな話題の『シンデレラ』の公開日が決定。今回映画を制作するソニー・ピクチャーズは、2021年2月5日に公開すると発表した。カミラは、劇中の楽曲にも携わるという。

映画『シンデレラ』これまでの情報をおさらい

 今回この作品の映画化にあたって、最初に企画案を出したのは、人気トーク番組『The Late Late Show(ザ・レイト・レイト・ショー)』の司会者として知られる、俳優でコメディアンのジェームズ・コーデン。本作の制作にプロデューサーとして参加するという。そして監督は、映画『ピッチパーフェクト』シリーズやドラマ『New Girl ~ダサかわ女子と三銃士』の脚本を手掛けるケイ・キャノンが務める。

 そんな制作陣による『シンデレラ』は、今のところあらすじは詳しく明かされていないけれど、夢を大きくもつ野心家の少女の話になるという。また『シンデレラ』のオリジナル要素を取り入れたストーリーは、コメディタッチで描かれる。

画像: 映画『シンデレラ』これまでの情報をおさらい

 映画『シンデレラ』はアメリカで2021年2月5日に公開。日本での公開日はまだ発表されていない。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.