米現地時間5月31日、カリフォルニア州アナハイムにあるディズニーランドにオープンした、新パーク「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」に着て行って“OKな服”と“NGな服”とは?(フロントロウ編集部)

ディズニーが写真付きで解説

 米現地時間5月31日に、カリフォルニア州アナハイムにあるディズニーランドにオープンして以来、連日大盛況の新パーク「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」。その名の通り、映画『スター・ウォーズ』シリーズの世界観を忠実に再現した新パークは、そのあまりの人気っぷりから、混乱を避けるためにしばらくは完全予約制で、園内で遊べる時間は1人4時間までという制限が出されている。

画像: ディズニーが写真付きで解説

 そのほかにも、14歳以上のゲストに「コスプレ禁止令」が出されていることをフロントロウでお伝えしたが、どうやら“何もかもすべてダメ”というわけではないようで、ディズニーが考える服装の「アリ」「ナシ」が簡単にわかる写真が公開された。

OKな服

画像: OKな服

 正直、ほとんどコスプレ同然のような気がするが、ディズニーによると普段着に『スター・ウォーズ』シリーズを意識したアイテムを合わせるのはアリ。また、スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジの舞台である惑星バトゥーの住人が着ているアースカラーの落ち着いた色合いの服や、ベストを合わせたレイヤードスタイル(重ね着)も、ディズニー的にはOKだそう。

NGな服

画像: NGな服

 『スター・ウォーズ』シリーズに登場するキャラクターのコスプレ(フル装備)は全面的に禁止で、ジェダイが着ているローブや、鎧や兜を含む戦闘服、顔が見えないマスクや着ぐるみもアウト。フェイスペイントも場合によってはダメだそう。また、ライトセーバーは持ち歩いてもOKだが、ブラスター(レーザー銃)やそれを収納して身に着けるためのホルスターは禁止されている。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.