ホラー映画『シャイニング』の続編となる『ドクター・スリープ』の米予告が初公開され、『シャイニング』の原作者であるスティーヴン・キングも太鼓判を押している。(フロントロウ編集部)

 1980年に公開されたホラー映画『シャイニング』は、ホラーの巨匠スティーヴン・キングによる小説の映画化。

 オリジナル版の主人公は、ある一家が惨殺された曰くつきのオーバールック・ホテルで、管理人を務めることになった小説家志望のジャック・トランス。彼の息子で不思議な能力“シャイニング”を持つダニーは、ホテルで様々な超常現象を目撃するようになり、猛吹雪で外界から隔離されたホテルで一家が暮らすうちにジャックは“怪異”により徐々に精神を病み、妻とダニーに襲い掛かる。

 そんな映画『シャイニング』から19年後に公開される続編映画『ドクター・スリープ』は、成長したジャックの息子ダニーが主人公に。大人になっても“シャイニング”と共に生きるダニーが同じ能力を持つ少女アブラと出会い、特殊能力を持つ子ども達を餌食にする“トゥルー・ノット”と呼ばれるカルト集団から、アブラを救う展開になるとのこと。

 その予告編でダニーはアブラを助ける傍ら、自身の過去と向き合うべく全ての始まりであるオーバールック・ホテルへ戻り、ダニーが体験する不気味な超常現象が登場する予告編は鳥肌を立てずには見られない。

 原作者のキング氏も『ドクター・スリープ』の仕上がりに満足しているようで、ツイッターで「この映画にはブっ飛ばされるだろう。『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』の他に残されているのは、この作品だけだ」と太鼓判を押している。

 主人公ダニーを演じるのは、『スター・ウォーズ』の前日譚シリーズでオビ=ワン・ケノービを演じ、『トレインスポッティング』や『プーと大人になった僕』などに出演しているユアン・マクレガー。2018年にサプライズヒットとなったNetflixのホラードラマ『ザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス』で、クリエイターを務めたマイク・フラナガンがメガホンを取っている。

 19年後に『シャイニング』の恐怖の物語が再び描かれる『ドクター・スリープ』は11月8日に全米リリースとなり、日本では今冬に公開予定。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.