眉が消えないように工夫していても、梅雨や夏は眉が消えがち。とくに今は太眉がトレンドなので、足りない部分に描き足していたところだけが消えるとちょっと恥ずかしい状態に。人気セレブの専属メイクアップ・アーティストが、大量の汗をかくコンサートでも眉が消えないようにする裏技を紹介。(フロントロウ編集部)
画像1: 「眉を絶対に消えさせない!」セレブのライブも支える裏技とは?

 眉が消えないように、落ちにくい眉ペンシルを選んで使うなど工夫していても、梅雨や夏のシーズンは湿気も多くて汗ばむから、眉が消えやすい。そんな悩みを解決する、朝描いた眉が帰宅するまでしっかり消えないぐらい、強力に眉をセットする裏技があるという。

 セレブからの支持を集めるカリスマメイクアップ・アーティストのサー・ジョン・バーネットは、人気シンガーのビヨンセの専属を務めるなかで、ビヨンセが大量の汗をかくコンサート中でも決して眉が消えないようにするメイク裏技を習得したという。

画像2: 「眉を絶対に消えさせない!」セレブのライブも支える裏技とは?

アイシャドウベースで眉が消えない

 ジョンが学んだ眉毛が消えないようにしっかりセットする方法は、「眉を描く前、アイシャドウベースを眉に塗っておくこと」だという。

画像1: アイシャドウベースで眉が消えない

 アイシャドウベースは、アイメイクの発色や持ちをアップさせるもの。すこし固めのテクスチャーで、まぶたにつけると肌に密着して、その上に乗せるアイシャドウはヨレず、にじまないので美しい発色が長時間キープできる。

 眉にのせるものではないけれど、ジョンは、「これはビヨンセが僕に提案して、試してみたテクなんだ。面白い裏技だれど、本当に一日中アイブロウペンシルを保つのを助けてくれる」と、実はこのアイデアはビヨンセから教えてもらったということも英メディアByrdieに明かした。

画像2: アイシャドウベースで眉が消えない

 激しいパフォーマンスを行なうビヨンセのライブ中でも消えないというのはかなり強力だから、やってみる価値がありそう。いろいろな方法を試してみたけれどまだ眉が消えてしまうという人は、この裏技も試してみては。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.