サンリオとワーナー ブラザース ジャパンは、ハローキティをはじめとしたサンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家が、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアに決定したことを発表。(フロントロウ編集部)

 本映画でプロデューサーを務めるのは、本映画の実現化に向けて5年間にわたり情熱を傾けてきた映画製作会社フリン・ピクチャー社社長のボー・フリン。

画像: 脚本に決定したリンジー・ビア

脚本に決定したリンジー・ビア

 そして。米国のワーナー・ブラザース・エンターテイメント傘下の映画製作会社で『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』両三部作で知られる、ニュー・ライン・シネマ社とフリン・ピクチャー社が製作を手掛ける。

脚本に決定した「ノウン・ユニバース」とは

 「ノウン・ユニバース」は、リンジー・ビアが脚本家のニコール・パールマン、ジェニーバ・ロバートソン=ドワレットとともに女性脚本家3名で2018年に共同設立した、現在ハリウッドで話題のプロダクション。本映画では、脚本だけでなくエグゼクティブ・プロデュースを務める。

画像: Ⓒ 1976, 2019 SANRIO CO.,LTD.

Ⓒ 1976, 2019 SANRIO CO.,LTD.

 「ノウン・ユニバース」は米映画業界で現在最も引っ張りだことなっているプロダクションで、重要な興行成績の成功を収めている。

 リンジー・ビアはこれまで、『トランスフォーマー/最後の騎士王』『ゴジラVSコング(仮題)』『Masters of The Universe(原題)』等の作品に携わり、最近ではエグゼクティブ・プロデュースも務めた『シエラ・バージェスはルーザー』で脚本を担当し、現在は『The Magic Order(原題)』のショーランナー、脚本、エグゼクティブ・プロデュースを務めている。

 また、ロバートソン=ドワレットと共同で、『ワイルド・スピード』の女性中心のスピンオフ作品の脚本とエグゼクティブ・プロデュースも手掛けている。

 「ノウン・ユニバース」の共同設立者であるパールマンとロバートソン=ドワレットは、世界的な大ヒット作品である『キャプテン・マーベル』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『名探偵ピカチュウ』『トゥームレイダー ファースト・ミッション』等の原案・脚本を担当。

 また「ノウン・ユニバース」は『シャーロック・ホームズ』シリーズのようなメジャーな作品に向けた脚本家ルームの運営を行ない、今後発表される多くの注目プロジェクトに関わっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.