ラッパーのイギー・アゼリアが待望のニューシングル「ジャスト・ワナ(Just Wanna)」をリリース。卑猥な表現を多く含む18禁レベルの歌詞でファンを悶々とさせている。(フロントロウ編集部)

新アルバム『In My Defense』からの新曲第1弾

 7月19日にニューアルバム『イン・マイ・ディフェンス(In My Defense)』を発売することを発表したラッパーのイギー・アゼリアが、新アルバムから第1弾となる新曲「ジャスト・ワナ(Just Wanna)」をリリース。

 「ただヤリたい」「あなたの顔にアソコを押しつける」「私は叫んで喘ぐ」「あなたの顔は小さな顔のよう/私はそこにアソコを押しつける」など、ストレートに“性”を表現した過激で生々しい歌詞が話題になっている。

 ちなみに、イギーは5月にヌード写真流出騒動に巻き込まれたことをきっかけに、一時的にツイッターやインスタグラムを閉鎖していたが、新アルバムのプロモーションをするためについ最近SNSを再開した。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.