プライド月間の最終日である6月30日にニューヨークでプライド・マーチが開催され、多くのセレブも登場した。(フロントロウ編集部)

 毎年6月は、プライド月間。レインボーに輝いたひと月を豪華に締めくくる最終日のイベント、プライド・マーチがアメリカのニューヨークで行なわれた。

 毎年恒例のプライド月間だけれど、今年は、LGBTQ+史に名を刻む「ストーンウォールの反乱」が1969年に起きてから、50年という重要な年。

ストーンウォールの反乱とは
1969年アメリカには、「ソドミー法」という同性愛を禁止する法律があった。しかしアメリカのニューヨークの一角には、すでに多くのゲイバーが。そんなある日、ゲイバーのストーンウォール・インに警察が突然の立ち入り捜査を決行。とはいっても、当時の社会ではLGBTQ+当事者が逮捕されることは日常茶飯事だった。しかし、この日はすこし様子が違い、そこに居合わせた200人を越えるLGBTQ+当事者たちが、警察に対して真っ向から反発。警察側も応援を呼び、警察400人対LGBTQ+コミュニティ200人の大暴動に発展した。この事件をきっかけに、LGBTQ+の平等の権利を訴える活動は活発化することに。現在では、この事件は「ストーンウォールの反乱」と呼ばれ、LGBTQ+コミュニティが初めて権力に対して立ち上がった事件として、LGBTQ+史に刻まれる出来事となっている。

画像: ストーンウォール・イン前では、多くの人がプライド月間を祝福。

ストーンウォール・イン前では、多くの人がプライド月間を祝福。

 そんな記念の年を祝うために、多くの人がニューヨークの街に集まり、約15万人がプライド・マーチに参加した。ちなみに、プライド月間が6月なのは、ストーンウォールの反乱が6月28日に起きたから。

 プライド・マーチには、多くのセレブも登場。参加者を盛り上げた。

画像: 80年代のLGBTQ+コミュニティを描いたドラマ『POSE』から、マジ・ロドリゲス、インディア・ムーア、ドミニク・ジャクソン。

80年代のLGBTQ+コミュニティを描いたドラマ『POSE』から、マジ・ロドリゲス、インディア・ムーア、ドミニク・ジャクソン。

画像: シンガーのアリアナ・グランデの兄フランキー・グランデ。

シンガーのアリアナ・グランデの兄フランキー・グランデ。

画像: 『ル・ポールのドラァグ・レース』シーズン5で人気を博したアリッサ・エドワーズ。

『ル・ポールのドラァグ・レース』シーズン5で人気を博したアリッサ・エドワーズ。

画像: 『ル・ポールのドラァグ・レース』シーズン11の出場者イヴィ・オドリー。

『ル・ポールのドラァグ・レース』シーズン11の出場者イヴィ・オドリー。

画像: ニューヨークで活躍するドラァグクイーンのローズ。

ニューヨークで活躍するドラァグクイーンのローズ。

画像: シンガー兼女優のヴァネッサ・ウィリアムス(左)。

シンガー兼女優のヴァネッサ・ウィリアムス(左)。

画像: ドラマ『ビクトリアス』のヴィクトリア・ジャスティス。

ドラマ『ビクトリアス』のヴィクトリア・ジャスティス。

画像: ドラマ『13の理由』でライアン・シェイバーを演じたトミー・ドーフマン。

ドラマ『13の理由』でライアン・シェイバーを演じたトミー・ドーフマン。

画像: レズビアンを主人公にしたドラマ『Lの世界』のジェニファー・ビールス、キャサリン・メーニッヒ、レイシャ・ヘイリー。

レズビアンを主人公にしたドラマ『Lの世界』のジェニファー・ビールス、キャサリン・メーニッヒ、レイシャ・ヘイリー。

画像: 人気司会者のアンディ・コーエン(中央)。

人気司会者のアンディ・コーエン(中央)。

 また、プライド月間最終日を記念してライブも開催。人気モデルからあのシンガーまで、多くのセレブが登場した。

画像: LGBTQ+アイコンとして絶対的な人気を誇るシンガーのレディー・ガガ。

LGBTQ+アイコンとして絶対的な人気を誇るシンガーのレディー・ガガ。

画像: 同性愛者の両親を持つヴィクシーエンジェルのジョセフィン・スクライバー。

同性愛者の両親を持つヴィクシーエンジェルのジョセフィン・スクライバー。

画像: ヒラリー・クリントンの娘チェルシー・クリントン。

ヒラリー・クリントンの娘チェルシー・クリントン。

画像: グラミー賞受賞シンガーのアリシア・キーズ。

グラミー賞受賞シンガーのアリシア・キーズ。

画像: 映画『天使にラブソングを』のウーピー・ゴールドバーグ。

映画『天使にラブソングを』のウーピー・ゴールドバーグ。

画像: LGBTQ+アイコンである大御所シンガーのシンディ・ローパー。

LGBTQ+アイコンである大御所シンガーのシンディ・ローパー。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.