俳優のジェイソン・ステイサムがSNSで流行の兆しを見せている「#BottleCapChallenge(#ボトル・キャップ・チャレンジ)」に挑戦。その様子がさすがのひと言に尽きる。(フロントロウ編集部)

 8月2日に日米同時公開される映画『ワイルド・スピード』(以下『ワイスピ』)シリーズ初のスピンオフ作品『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』で俳優のドウェイン・ジョンソンとともにダブル主演を果たしているジェイソン・ステイサム

 キックボクシングやブラジリアン柔術などさまざまな格闘技をマスターし、故郷イギリスきってのアクションスターとして知られている彼が、SNSで注目度が急上昇している「#BottleCapChallenge」なるものに挑戦した。

 世界的に有名な格闘家たちもこぞって挑戦しているこのチャレンジは、回し蹴りでペットボトルやガラスボトルのキャップを開けるというもの。

 往年のアクションスター、故ブルース・リーを尊敬しているというジェイソンは、ブルースも顔負けの華麗な足技で見事にボトルキャップを仕留めてみせた。

 考案者に挑戦を依頼された米総合格闘技団体UFCのフェザー級王者マックス・ホロウェイが先陣をきって投稿したことにより注目を集めることとなった同チャレンジには、UFCの元ライト級王者であるコナー・マクレガーやシンガーのジョン・メイヤーやDJのディプロも挑戦。それぞれ素晴らしいテクニックを披露している。

マックス・ホロウェイ

--コナー・マクレガー—

ジョン・メイヤー

ディプロ

 ジョンに指名されたジェイソンは友人で監督のガイ・リッチーらを、コナーは宿敵フロイド・メイウェザーを次の挑戦者に指名。

 誰かに指名されたわけではないが、「俺はステージ上でボタンを押すことぐらいしか特技が無いと思われているけど、じつは空手もできるという証拠に…」と#BottleCapChallengeに勝手に参加したディプロは、なぜかイギリス王室のヘンリー王子&メーガン妃夫妻やバラク・オバマ元アメリカ大統領を指名している。

 格闘家やセレブたちが、みんなあまりにも簡単そうにやってのけているので、「もしかしたら自分にもできるのでは?」とつい挑戦したくなってしまう#BottleCapChallenge。この夏、世界中で大流行するかも。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.